--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-03-31(Sat)

IMMの円売りは2007年以来のアマウントへ

為替ブログランキング

ヘッジファンドなど大口投資家が売買をしているシカゴ先物市場では円売りのポジションが今週急増しました。

昨年の震災後にドル円は一旦安値を更新し協調介入などを経て円高は終わったとみんなが思った場面があり、その際は売りポジションが60000枚手前までいったのですが、今回はそれを通り越して67622枚のネットショート(差引売り)となっています。過去に遡ってみるとここまで売りが増加したのは2007年来とのことです。


0331imm.png

今週ドル円は上昇するどころか何度か82.00円を割れて下値を試した展開でした。ドル円が買われているのに下がるとはどういう状態だったでしょうか。このIMMのポジションは先週火曜日時点のデータですので来週発表されるデータは今回のものより若干落ち着いていると思われますが、やはり買っているのに下がっている状態が気になります。

大きな理由のひとつに今週は株価が軟調だったことがあげられます。それでも大きく崩れたというほどでもないですし、ここに見えてこない誰かが売っていたわけですね。それが実需だったのか他の大口投機家、はたまた個人の利食いだったのかまたデータを収集してアップしたいと思います。

にほんブログ村 為替ブログへ
↑ポチッと投票していただくとモチベーションアップします。(^-^)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

オリジナルポジショントレード
FXポジショントレードはディーラー時代にあみだした独自のトレードスタイルです。

市場参加者が持っている現在のポジションを収集し計算します。例えばドル円の買いを持っている人が多ければ多いほど売りたい人・売らなければいけない人が増えてきます。それは重しとなり将来的に下落することが予想されます。

それを利用し逆のポジションをとっていく手法です。ここ数年の円高時代にはドル円クロス円の買いが異常な程増えたのでひたすら売ってきました。最近はその逆の傾向に近づきつつあります。

データは国内外の個人・業者・銀行・取引所など様々なところから収集しています。

ご質問がありましたらコメント欄からお気軽にどうぞ。
プロフィール

サミー

Author:サミー
証券会社の元為替ディーラーです。カバー(お客さんの注文を市場に流す仕事)もプロップ(自己売買)もやっていました。成績はそこそこよかったのでは?

逆アクセスランキング
カテゴリ
サブランキングサイト

メイン口座





志摩力男の実戦リアルトレード
Amazon


メールフォーム
何かありましたらこちらにどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク・相互リンク
当ブログはリンクフリーです。
注意事項
※当ブログは個人的な分析・見解によるものであり、特定の取引を推奨するものではありません。ここでの分析に基づいての取引の結果、損失を被ったとしても筆者は一切の責任を負いかねますので、投資は自己判断でお願いいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。