--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-03-18(Sun)

今週の展望まとめ

全データ集計完了。
こうしてまとめてみるとやはりドル買いの動きが急激に進んでいる。
ドル買いというのはドル円の買いだけでなくユーロドルの売り、つまりユーロの売りドルの買いも同じことである。ポンドドル、豪ドルドルも然り。
そのドル買いポジションがどう反転の起爆剤となるかはきっかけを待つしかなさそうだが、膨らみの足音は着実に近づいている。

0318matome.png

ドルが-7ポイントと圧倒的に弱く出た。
強そうなのは円・ポンド・スイス、それぞれそこまで大きくはないが売られていただけに買戻しが起こる確率が高い。

■各通貨別
ドル --- ドルはドル買いが溜まっており、そろそろドル売りの爆発力が出始める頃、後はタイミング次第。QE3も先延ばしされたが今後の展開に引き続き注目。
円 --- IMM円売りがかなりの速度で膨らんでいる。大口のドル円の買いVS個人の利食いが個人まで買いになった。そろそろ下落に注意となった。
ユーロ --- 基本トレンドは下落だがドルが買われすぎたことでユーロの売り残りもたまり買い戻す動きが一旦出そう。
豪ドル --- ユーロドル、ポンドドルが大きく上昇したものの、豪ドルドルの上昇は限定的。ドル売りになれば上昇しそうだが上値は重い。
ポンド --- 今回3ポイントと一番上昇の力を溜めている。
スイス --- ユーロスイスの1.2000にSNBのバリアがあるのでみんな安心して買っている。故に買いポジションも溜まって上にも伸びきれない。
NZドル --- 豪ドル追随。人気通貨だがそもそも流動性が極端に低い。まだだが売り込まれたら早いだろう。
カナダ --- 商品・豪ドル追随。商品通貨
GOLD --- 株価がこれだけ回復しているのだから逃避先の金は売られる。先月までは誰もが買いと言っていた。1920ドルで天井はすでに打っているはず。
オイル --- イスラエル・イランの中東情勢次第。円安の弊害でガソリン価格が上昇している。さらに円安が進めばマスコミも手のひらを返して円安を攻撃するだろう。世の中そんなことの繰り返し。


ひとまずここまでドル円を買い上げてきた連中の次の一手に注目。IMMもそろそろ限界値に近いが前回高値84.20を抜ければ次は85円狙い。抜けなければ下は早そう。今回のポジションからはドル買いが一番集まっているのでどこかのきっかけでドルが大きく売られる局面の可能性が一番高いことが分かった。

今週もよろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログへ
↑記事がお役に立ちましたら応援のポチをよろしくお願いします。モチベーションアップです。
為替ブログで10,600位から150位圏内に入ってきました。ありがとうございます!

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

まとめteみた【元ディーラーのFXポジショントレード】

全データ集計完了。こうしてまとめてみるとやはりドル買いの動きが急激に進んでいる。ドル買いというのはドル円の買いだけでなくユーロドルの売り、つまりユーロの売りドルの買いも...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

オリジナルポジショントレード
FXポジショントレードはディーラー時代にあみだした独自のトレードスタイルです。

市場参加者が持っている現在のポジションを収集し計算します。例えばドル円の買いを持っている人が多ければ多いほど売りたい人・売らなければいけない人が増えてきます。それは重しとなり将来的に下落することが予想されます。

それを利用し逆のポジションをとっていく手法です。ここ数年の円高時代にはドル円クロス円の買いが異常な程増えたのでひたすら売ってきました。最近はその逆の傾向に近づきつつあります。

データは国内外の個人・業者・銀行・取引所など様々なところから収集しています。

ご質問がありましたらコメント欄からお気軽にどうぞ。
プロフィール

サミー

Author:サミー
証券会社の元為替ディーラーです。カバー(お客さんの注文を市場に流す仕事)もプロップ(自己売買)もやっていました。成績はそこそこよかったのでは?

逆アクセスランキング
カテゴリ
サブランキングサイト

メイン口座





志摩力男の実戦リアルトレード
Amazon


メールフォーム
何かありましたらこちらにどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク・相互リンク
当ブログはリンクフリーです。
注意事項
※当ブログは個人的な分析・見解によるものであり、特定の取引を推奨するものではありません。ここでの分析に基づいての取引の結果、損失を被ったとしても筆者は一切の責任を負いかねますので、投資は自己判断でお願いいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。