2012-03-18(Sun)

週末レポート後半

ポジション比率の後半を見てみたいと思います。
相場が売り買いどちらに偏っていてどれだけ反発のエネルギーが溜まっているか研究していきます。

■外為どっとコム ポジション比率情報
http://www.gaitame.com/market/buysell.html
「ポジション比率情報ダウンロード[XLS]」をクリックするとエクセルが表示されます。
国内でも上位の出来高をほこる外コムさんですので全体的に信頼性は高いです。

0318gaikom.png

ドル円は82%と極端に買いに偏っています。
先週は前半上げ、後半は高値圏でもんだので本来なら多少売りが出てもおかしくない域ですが、日本売りがこれだけメディアで騒がれていると今のうちに買っておこうということで買いが強くなっています。この場合、少し落ちても買いがまっていそうですがさらに落ちたらストップの売りが溜まっているので下落への重石となります。

■外為どっとコム 注文状況
http://www.gaitame.com/blog/nomura/
ポジションの売買比率ではなく損切りも含めた板のような注文状況が見れます。
見るには一定の条件が必要なので情報を公開している野村氏のブログを張っておきます。

0318gaga.png

こちらは休みの日の注文ですが、既にストップ売りが溜まっていることがわかります。

■みんなのFX リアルタイム売買比率
http://min-fx.jp/market/bsratio/
3分間隔での更新は。リアルタイム性に優れています。

0318minna.png

こちらはドル円の買いが75%、ただしユーロ円の売りが69%とやや高めですので、円自体はやや買われているくらいです。それでもドル円はユーロ円よりも出来高が多いので全体的には重くなっています。

■マネーパートナーズ 売買比率
http://www.moneypartners.co.jp/market/ratio.html
マネパさんも公開していますし出来高も結構ありますのでチェックしています。
※左メモリが買い、右メモリが売り

0318manepa.png

こちらは左のメモリが買いですが79%と高いですね。どこもドル円は買いです。
IMMも極端な買いですので、一旦上をつけると下は早くなる可能性が高いです。

■FXCM 売買比率
http://www.fxcm.co.jp/market/ratio/index.php
FXCM世界全体のポジションと見ていいのではないでしょうか。
そう考えるとOANDAさんのように対円以外でのデータの信頼性も高まります。

0318fxcm.png

ドル円の買いが高いのは同じですが、こちらはユーロドルの売りも目立ちます。
ユーロドルの売りが多いというとはドル買いが進んでおり、ドル売りのエネルギーを蓄えていることになります。ドルが売られるということはドル円の下落の力にもなります。ただユーロドルを分解したときにユーロは上昇するのでユーロ円などクロス円は底堅い可能性が高いです。円買いになれば話はまた変わってきます。

■DMM 売買比率 (iPhone)
https://tool.fx.dmm.com/iFX
こちらはiPhoneからです。

DMMも同じですね、ドル円の買いが多く、クロス円の売りが多い。
総合するとドル買いが強いことがわかります。

■FX WAVE
こちらはオーダー情報サイトです。
右のバナーにあるJFXさんやLIONFXさんから口座開設するとこちらの情報が無料でみれます。
こちらはインターバンクの大口のオーダー、特にストップが見れるので役に立ちます。
ドル円オーダー
85.00円 OPバリア観測
84.75円 OPバリア観測
84.50円 超えるとストップロス買い、OPバリア観測
84.25円 超えるとストップロス買い、OPバリア観測
83.75円 OP19日NYカット
83.50円 OP19日NYカット

83.42円 3/17 05:45現在(高値83.95円 - 安値83.18円)


83.00円 買い厚め・割り込むとストップロス売り、OP19日NYカット
82.80円 買い厚め
82.60円 買い
82.50円 買い厚め
82.30円 買い
82.00-10円 断続的に買い厚め・割り込むとストップロス売り
81.90円 割り込むとストップロス売り
81.85円 買い
81.65円 買い

上はオプションでガチガチですが、下もそこそこ買いが残っています。
オプションは一時的にはバリアとなって節になるのですが、筋は相手を殺しに来るので一時的にこういうのは突破されるかもしれません。この世界、他人の不幸は蜜の味ですので仕方ないですね。

■GI24
こちらもオーダー情報サイトさんです。
DMMさんなどに口座開設すると無料で見られます。当ページの右上のバナーからどうぞ。
個人や銀行のオーダー状況もわかり上記のFX WAVEさんと比較しながら見るのが効果的です。

【ドル円】
85.00円 売り
84.80円 売り
84.50円 ストップロス買い
84.40円 ストップロス買い
84.30円 ストップロス買い
84.25円 ストップロス買い
84.20円 売り
83.80円 売り

83.55円(現在値)

83.15円 ストップロス売り
83.10円 買い
83.00円 買い:ストップロス売り
82.90円 ストップロス売り
82.80円 ストップロス売り
82.70円 ストップロス売り
82.60円 買い
82.50円 買い
82.30円 買い
81.90円 ストップロス売り

こちらは上下にストップあり。ストップは相場の動きを早くしますのでこういう情報は頭にいれておきたいです。

全体的に、ドル買いのポジションが溜まっています。
一番気になるのがドル円が上昇しているにも関わらず買いの比率が上昇していることです。
焦って買いにきているポジションだとしたらこの先、かなりのネガティブな状況が予想されます。

これから総合ポイント表を作成し後ほどアップします。

にほんブログ村 為替ブログへ
↑記事がお役に立ちましたら応援のポチをよろしくお願いします。モチベーションアップです。
為替ブログで10,600位から150位圏内に入ってきました。ありがとうございます!

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

まとめteみた【元ディーラーのFXポジショントレード】

ポジション比率の後半を見てみたいと思います。相場が売り買いどちらに偏っていてどれだけ反発のエネルギーが溜まっているか研究していきます。■外為どっとコム ポジション比率情...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

オリジナルポジショントレード
FXポジショントレードはディーラー時代にあみだした独自のトレードスタイルです。

市場参加者が持っている現在のポジションを収集し計算します。例えばドル円の買いを持っている人が多ければ多いほど売りたい人・売らなければいけない人が増えてきます。それは重しとなり将来的に下落することが予想されます。

それを利用し逆のポジションをとっていく手法です。ここ数年の円高時代にはドル円クロス円の買いが異常な程増えたのでひたすら売ってきました。最近はその逆の傾向に近づきつつあります。

データは国内外の個人・業者・銀行・取引所など様々なところから収集しています。

ご質問がありましたらコメント欄からお気軽にどうぞ。
プロフィール

サミー

Author:サミー
証券会社の元為替ディーラーです。カバー(お客さんの注文を市場に流す仕事)もプロップ(自己売買)もやっていました。成績はそこそこよかったのでは?

逆アクセスランキング
カテゴリ
サブランキングサイト

メイン口座




Amazon


メールフォーム
何かありましたらこちらにどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク・相互リンク
当ブログはリンクフリーです。
注意事項
※当ブログは個人的な分析・見解によるものであり、特定の取引を推奨するものではありません。ここでの分析に基づいての取引の結果、損失を被ったとしても筆者は一切の責任を負いかねますので、投資は自己判断でお願いいたします。