2012-03-08(Thu)

各社注文状況と見方 オーダー ストップ

売買比率など注文状況以外にも注文状況も見ています。
これはどの価格帯でどれくらいの注文があるのか、買い思考なのか売り思考なのかに注目します。
そして何より大切なのがどこにどれくらいストップが溜まっているかです。
相場はストップで動きます。

■fx wave
ドル円
83.00円 OP9日NYカット大きめ
82.75円 売り厚め・超えるとストップロス買い
82.50円 売り厚め・超えるとストップロス買い
82.30円 売り
82.25円 売り厚め・超えるとストップロス買い
82.00円 売り・超えるとストップロス買い、OPバリア観測
81.90円 売り
81.60円 売り
81.50円 売り厚め、超えるとストップロス買い
81.40円 売り
81.30円 売り

80.99円 3/8 2:57現在(高値81.15円 - 安値80.59円)

80.40円 買い
80.25円 割り込むとストップロス売り
80.00円 買い厚め・割り込むとストップロス売り
79.80-90円 断続的に買い厚め・割り込むとストップロス売り
79.70円 買い
79.50円 買い厚め・割り込むとストップロス売り

上にも下にも買い売りがあるが両サイドともにストップめ目立ちますね。
上の買いストップをつけるには相当売りをこなしてからでないといけません。
逆に下のストップ売りをつけるには少しの買いをこなせるだけで大した力はいらなそうです。
80円を割り込んだら早そうですね。少しあげてダラダラした動きで下がいいところでしょうか。

■GI24
【ドル円】
82.50円 売り
82.40円 売り
82.30円 売り
82.20円 売り
82.00円 売り:ストップロス買い
81.65円 ストップロス買い
81.40円 ストップロス買い

80.75円(現在値)

80.40円 買い
80.30円 買い
80.10円 買い
80.00円 買い:ストップロス売り
79.90円 ストップロス売り
79.80円 ストップロス売り
79.50円 買い

こちらはまた別の業者さん。ひとつの情報だけで取引するのはあまりにもリスキーですからやはり同類の情報を見比べる必要があります。先ほどよりストップ買いが近いですね。こちらを見るとひとまずは上昇エネルギーです。

■ガイコム
ドル円
0308ga.png

図で視覚的に見れたほうがわかり易いですね。こちらをみると上も下も注文もストップも全部スカスカです。雇用統計など重要イベントが控えている前に起こりやすい現象です。これではフラフラ軽い流れになります。

■OANDA
ドル円
0308oanda.png
左の図が注文状況です。図中、上の赤丸が新規・決済の売りです。少し重たそうですね。そして下の赤丸がストップ売りです。同じようなところに一気に並んでいるのがわかります。こういうのをつけると相場が勢いを増します。




今日はドル円のみの注文状況をあげてみましたが、それ以外の通貨ペアもたくさん載っています。そして時間がかわればもちろんオーダーも変わってきますし、値段が変わればストップの位置や量も変わってきます。こまめにチェックしていきましょう。

にほんブログ村 為替ブログへ

↑少しでもお役に立ちましたら応援よろしくお願いします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

オリジナルポジショントレード
FXポジショントレードはディーラー時代にあみだした独自のトレードスタイルです。

市場参加者が持っている現在のポジションを収集し計算します。例えばドル円の買いを持っている人が多ければ多いほど売りたい人・売らなければいけない人が増えてきます。それは重しとなり将来的に下落することが予想されます。

それを利用し逆のポジションをとっていく手法です。ここ数年の円高時代にはドル円クロス円の買いが異常な程増えたのでひたすら売ってきました。最近はその逆の傾向に近づきつつあります。

データは国内外の個人・業者・銀行・取引所など様々なところから収集しています。

ご質問がありましたらコメント欄からお気軽にどうぞ。
プロフィール

サミー

Author:サミー
証券会社の元為替ディーラーです。カバー(お客さんの注文を市場に流す仕事)もプロップ(自己売買)もやっていました。成績はそこそこよかったのでは?

逆アクセスランキング
カテゴリ
サブランキングサイト

メイン口座




Amazon


メールフォーム
何かありましたらこちらにどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク・相互リンク
当ブログはリンクフリーです。
注意事項
※当ブログは個人的な分析・見解によるものであり、特定の取引を推奨するものではありません。ここでの分析に基づいての取引の結果、損失を被ったとしても筆者は一切の責任を負いかねますので、投資は自己判断でお願いいたします。