--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-03-07(Wed)

週半ば水曜日

週半ば水曜日ということで各方面のポジションをチェックしておきたいと思います。

■くりっく365
0307365.png

図の黒丸、ドル円の買い数量は若干の増加となっていますが、豪ドル円の増加数が凄まじいです。
金曜引けのネット(買い-売りの残数)が53943であり火曜引けネットが96494ですので42551の純増となっています。約2倍近くです。豪ドル円は88円を一瞬見てしまったのでみんなイケイケで下がってもナンピンしてしまっているんですね。もしくは買いを待てなかった人達など。そこから約3円の下落でこれだけの増加ですからかなり玉がしこっている状態です。

■外為どっとコム
0307がいこむ

上の表の黄色で塗りつぶしたセルは、対円の買い比率が70%を超えている通過ペアです。
ユーロ円、スイス円以外の主要通貨対円は全てですね。これでは上に行っても買いの売りが次から次へと出てきてあがるにあがれません。

■OANDA
0307おあんだ

こちらは主に外国人のポジション。為替取引全体の半数を占める主要通貨ペア、ユーロドル・豪ドルドル・ドル円・ポンドドルがほとんど50:50のフラットですね。ユーロスイスの買いはSNBバリアがある為、GOLDの買いはなんでしょう、世論は米ドルの基軸通貨としての役目が終わり価値が無くなって、その代わりに金がまた市場を支配するというどこからかきた噂が市場を支配しているのでこうなっているのでしょうか。私は金は既に1920ドルで既に天井をつけていると思っています。この買い比率の多さが何よりの証拠ではないでしょうか。

■まとめ
ということで今週前半は円買いが進んだのですがポジションを見ると、下がった分だけ新規またはナンピンの買いが進んでいます。豪ドルはIMMの買いも膨らんでいるので少し危険水域ですね。明日豪は雇用統計があり、金曜は関係の深い中国のCPI・小売もありますから注目が集まります。
そのほかにはECB政策金利やアメリカ・カナダの雇用統計と月に一度のビッグイベントが続きますから、ここからは神経質な展開となりそうです。
私のポジションはアップしてあるものと変わらずドル円・クロス円の売りです。

にほんブログ村 為替ブログへ

↑少しでもお役に立ちましたら応援よろしくお願いします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

オリジナルポジショントレード
FXポジショントレードはディーラー時代にあみだした独自のトレードスタイルです。

市場参加者が持っている現在のポジションを収集し計算します。例えばドル円の買いを持っている人が多ければ多いほど売りたい人・売らなければいけない人が増えてきます。それは重しとなり将来的に下落することが予想されます。

それを利用し逆のポジションをとっていく手法です。ここ数年の円高時代にはドル円クロス円の買いが異常な程増えたのでひたすら売ってきました。最近はその逆の傾向に近づきつつあります。

データは国内外の個人・業者・銀行・取引所など様々なところから収集しています。

ご質問がありましたらコメント欄からお気軽にどうぞ。
プロフィール

サミー

Author:サミー
証券会社の元為替ディーラーです。カバー(お客さんの注文を市場に流す仕事)もプロップ(自己売買)もやっていました。成績はそこそこよかったのでは?

逆アクセスランキング
カテゴリ
サブランキングサイト

メイン口座





志摩力男の実戦リアルトレード
Amazon


メールフォーム
何かありましたらこちらにどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク・相互リンク
当ブログはリンクフリーです。
注意事項
※当ブログは個人的な分析・見解によるものであり、特定の取引を推奨するものではありません。ここでの分析に基づいての取引の結果、損失を被ったとしても筆者は一切の責任を負いかねますので、投資は自己判断でお願いいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。