--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-03-06(Tue)

豪ドルの弱さの裏

昨日もそうでしたがこの時間お昼くらいに円買いが強くなります。
何か特殊玉でもあるんでしょうか。
基本的に仲値の10時辺りから日系企業は円買いをしてきますのでその重みかもしれませんね。

通貨別で見ると豪ドルの弱さが目立ちます。指標が弱かったものの
株や原油がそこまで落ちていない為この相関性の乖離が気になります。
すこしポジションを見てみましょう。

豪ドル円
0306oada.png

まずは豪ドル円です。右側の図がポジションですので赤丸を見ると、上で買ってしまった人達が大群にいるのがわかります。彼らは豪ドル円の上抜けを想定して87.00-88.00付近で大量にロングをとっています。
変わって左側の図に行き赤丸を見ると今度はその同じコスト付近で売り物が目立ちます。買ってしまった人達のコスト撤退での指値売りですね。こういうのが豪ドル円の相場を重くするということにつながってきます。

続いて豪ドル/ドルをみてみましょう。
0306oandollar.png

右側のポジションを見るとこちらも1.0650-1.0800にかけてびっしり買ってしまっています。
左側の注文を見ると売り指値も多いですが、赤丸の損切り売りも目立ちます。これがあると下落スピードが加速するので引っかかった場合は注目ですね。

今回は指標も悪くRBA前だということでファンダメンタルやチャートからも色々と説明できるのかもしれませんが、相場はそれだけではありません。時には何故これが売られるのかということもよくあります。そういう時にこういうポジションから見るとあぁそういうことだったんだなとよくわかることがあります。今の豪ドルの重さは明らかにこの捕まった買いのポジションからです。RBA前で神経質になっているという説明がありますがそれに補足するならRBA前に買いで捕まっていた人達が事前に損切ってきたということです。

にほんブログ村 為替ブログへ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

こんにちは

OANDA 外国為替注文書は、累積、非累積、純額、3種類あるのですが、上の画像は、どれで表示されているのでしょうか?

OANDA 外国為替注文書の頁に、グラフのスタイルとして、累積、非累積、純額の説明書きがあるのですが、書かれてある内容の意味が理解できなくて・・・。

よろしくお願いします。


Re: タイトルなし

> こんにちは
>
> OANDA 外国為替注文書は、累積、非累積、純額、3種類あるのですが、上の画像は、どれで表示されているのでしょうか?
>
> OANDA 外国為替注文書の頁に、グラフのスタイルとして、累積、非累積、純額の説明書きがあるのですが、書かれてある内容の意味が理解できなくて・・・。
>
> よろしくお願いします。


コメントありがとうございます。
OANDAは元々米国の会社で英語のサイトでした。ここ半年前くらいに日本語ができたと思います。その中で累積等は本当はただの翻訳サイトで訳しただけではないでしょうか。ですので非常に分かりづらいですね。英語ですとCumulativeとかNetという言い方をするのでこちらの方が本来は一般的です。

ちなみに私が載せているのは非累積です。
累積は足していくので上や下にいくほど大きいグラフになります。
非累積はその価格でのポジションのアマウントが表示されるのでわかりやすいですね。
純額は通常はネットと言わ足し引きした純増になるものです。

たしかに分かりにくいのであまり気にせずデフォルトの設定の非累積で見るのがいいのではないでしょうか。

ご回答、ありがとうございました。

今回の記事も、とても勉強になりました。
ポジションの実践的な読み方、こんなに詳しい解説を見たことがありません。
(わたしの見落としかもしれませんが。)

あの・・・たびたび失礼します。
スキャル・デイトレで、このポジションのグラフの、いい使い方がありますでしょうか?

Re: タイトルなし

> あの・・・たびたび失礼します。
> スキャル・デイトレで、このポジションのグラフの、いい使い方がありますでしょうか?


三吉さん

いえいえ分からないことがあったらなんでもお気軽に聞いてくださいね。
スキャルやデイトレではこのグラフを見ると多くの人がポジションを抱えているコストがわかります。
ですので、そこにきたら節としてポジションをとって抜かれたらすぐ損切るなど方法がありますね。
たいていこういう節は一度はとまりますのでスキャルには有効かと思います。

アドバイス、ありがとうございます。
なるほど~、そのあたり、注意してみます。
オリジナルポジショントレード
FXポジショントレードはディーラー時代にあみだした独自のトレードスタイルです。

市場参加者が持っている現在のポジションを収集し計算します。例えばドル円の買いを持っている人が多ければ多いほど売りたい人・売らなければいけない人が増えてきます。それは重しとなり将来的に下落することが予想されます。

それを利用し逆のポジションをとっていく手法です。ここ数年の円高時代にはドル円クロス円の買いが異常な程増えたのでひたすら売ってきました。最近はその逆の傾向に近づきつつあります。

データは国内外の個人・業者・銀行・取引所など様々なところから収集しています。

ご質問がありましたらコメント欄からお気軽にどうぞ。
プロフィール

サミー

Author:サミー
証券会社の元為替ディーラーです。カバー(お客さんの注文を市場に流す仕事)もプロップ(自己売買)もやっていました。成績はそこそこよかったのでは?

逆アクセスランキング
カテゴリ
サブランキングサイト

メイン口座

スプレッド最狭。売買の多いメイン通貨ペアはDMMで持っています。


金(Gold)は完全に天井をつけたと思っています。CFDやるならここですね。金はまだまだ高い位置にいるのでここからは完全に戻り売りしています。


マイナー通貨も狭いヒロセのLion FX。ドルスイスやユーロオージーはこちらで持っています。小林さんの情報提供がいいです。


JFXさんはヒロセさんとグループ会社でほぼ同じサービスです。もしもの時の為にこちらもあると安心です。


外為ファイネストさん


アヴァトレード・ジャパン株式会社 口座開設


志摩力男の実戦リアルトレード
Amazon


楽天
google
メールフォーム
何かありましたらこちらにどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク・相互リンク
当ブログはリンクフリーです。
注意事項
※当ブログは個人的な分析・見解によるものであり、特定の取引を推奨するものではありません。ここでの分析に基づいての取引の結果、損失を被ったとしても筆者は一切の責任を負いかねますので、投資は自己判断でお願いいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。