2014-10-19(Sun)

相場はいったん調整、ボラティリティは上昇したまま

先週までの相場下落で短期的なポジションは解消されたようです。

2014-10-19_101942.png

短期的なポジションが解消されたといっても、ここまで市場を持ってきた大きな玉はこの程度ではさばききれないので、それはまだ存在している状態です。ただ、今回の下落はここでいったん終わりと思っていて、来週あたりは調整となりそうです。ボラティリティは上昇したままですので、ひと月くらいは調整相場と見ています。

戦略としては、戻り相場用のポジションをとって、大きなレンジをとるのではなく、細かくとっていき回転を狙う。おそらく市場は恐怖が支配しているので急激な乱高下はある模様。その後の戻しがどっちなのか見極めること。そのような動きは新規のポジション取りではなく解消の動きなので、市場がどちらに傾いているのかすぐに分かります。第二弾がくるなら一ヶ月後くらいと見ているので年末までにどこまでやるかみものです。

↓※画像が崩れて見える場合はクリックして画像のみを表示するか、一度PCへ画像を保存してお読みください。

にほんブログ村 為替ブログへ
更新頻度が上がるボタン。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
オリジナルポジショントレード
FXポジショントレードはディーラー時代にあみだした独自のトレードスタイルです。

市場参加者が持っている現在のポジションを収集し計算します。例えばドル円の買いを持っている人が多ければ多いほど売りたい人・売らなければいけない人が増えてきます。それは重しとなり将来的に下落することが予想されます。

それを利用し逆のポジションをとっていく手法です。ここ数年の円高時代にはドル円クロス円の買いが異常な程増えたのでひたすら売ってきました。最近はその逆の傾向に近づきつつあります。

データは国内外の個人・業者・銀行・取引所など様々なところから収集しています。

ご質問がありましたらコメント欄からお気軽にどうぞ。
プロフィール

サミー

Author:サミー
証券会社の元為替ディーラーです。カバー(お客さんの注文を市場に流す仕事)もプロップ(自己売買)もやっていました。成績はそこそこよかったのでは?

逆アクセスランキング
カテゴリ
サブランキングサイト

メイン口座




Amazon


メールフォーム
何かありましたらこちらにどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク・相互リンク
当ブログはリンクフリーです。
注意事項
※当ブログは個人的な分析・見解によるものであり、特定の取引を推奨するものではありません。ここでの分析に基づいての取引の結果、損失を被ったとしても筆者は一切の責任を負いかねますので、投資は自己判断でお願いいたします。