2012-04-15(Sun)

売買比率から見る今週の展望

為替ブログランキング


先週のポジションの変化から、今週の展望を発表します。
※すいませんが、今週は簡易版でのお送りとなります。
ちょくちょく平日にもアップしていきますのでご了承ください。


■IMM シカゴ先物市場 建て玉推移
http://www.forexwatcher.com/cmepos.htm
ヘッジファンドなどトレンドを作っている海外の大口の建て玉がわかります。
一度転換すると非常に大きな相場の波となります。全て対ドルです。


昨日の記事通り、ドル円に大きな変化は無し。
ただし値段は落ちているので80円を割れるような展開になったら早いものと思われる。



■くりっく365 為替売買動向
http://www.click365.jp/
左下の緑のボックスの「為替売買動向」をクリックするとエクセルが表示されます。
くりっく365は日本の個人の中・長期玉が集まる傾向があります。

0415365.png


価格が下がれば下がるほど、ドル円と豪ドル円の買い持ちも増えていく。
ただこれは毎度のことで、これが極限な状態になると毎回、介入で助かってきた。
増えてるといってもまだまだその水準ではないが、ここから下もナンピンの買いは入ってくると思われる。
IMMのポジションが切れないうちは、個人の買いでゆるやかな下落となったりある程度の反発も見込まれる。


■OANDA 未決済のポジションの比率
http://fxtrade.oanda.com/lang/ja/analysis/open-position-ratios
OANDAは主に海外のポジションが集まっていますので対ドルに信頼性があります。
※左メモリが買い、右メモリが売り


0415oandaall.png


ユーロスイスは相変わらず、ただし1.2000にスイス中銀の買い支え介入玉が入っている模様。しかし上にいってもやれやれの売りが大量にあって膠着した状態。いずれ崩れるだろうがSNBの手腕も気になるところ。


金も銀もやはり弱い。両方とも上昇トレンドは反転しているのでこちらも、反発はしてれいるだろう。


オイルはわかりません。情勢次第。


■OANDA 通貨ペア別 外国為替注文書
http://fxtrade.oanda.com/lang/ja/analysis/forex-order-book#USD/JPY
OANDAは通貨別の詳細も見ることができます。
左の図がOANDAユーザの注文で右側が抱えているポジションです。


0415oanusdjoy.png


ドル円は右側の四角のように買いが散見した状態になっていて、一部スカスカで反発があってもいい常態にとれる。81.00円前後で少し売りもあるのでいったんショートカバーしてもおかしくない。ただし上値も限定的なのであがったら絶好の売り場だと考える。


■外為どっとコム ポジション比率情報
http://www.gaitame.com/market/buysell.html
「ポジション比率情報ダウンロード[XLS]」をクリックするとエクセルが表示されます。
国内でも上位の出来高をほこる外コムさんですので全体的に信頼性は高いです。


0415gaikom.png


対円は全て買い比率が圧倒的に多い、唯一ユーロ円がすくないが、こちらは107円当たりからは売り増しが増えてくる。どちらにしろユーロドルの影響を強く受けるのでそちらを注視したい。どちらかというと上げに見えるが。


■現在の私の保有ポジション

残りポジション 建値
USD/JPY 売 81.836
USD/JPY 売 82.150
USD/JPY 売 82.347
USD/JPY 売 82.643
USD/JPY 売 83.156
USD/JPY 売 83.984

EUR/JPY 売 109.439

GBP/JPY 売 130.097
GBP/JPY 売 131.672

AUD/JPY 売 87.533
AUD/JPY 売 88.128

EUR/AUD 買 1.24670


どれもよく育ってきてくれている。嬉しい限り。
ただしこの辺でもむことも念頭に入れているのでうまく回転させたい。


またちょくちょく情報はアップしていきたいと思います。


にほんブログ村 為替ブログへ
↑ポチッと投票していただくとモチベーションアップします。(^-^)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

オリジナルポジショントレード
FXポジショントレードはディーラー時代にあみだした独自のトレードスタイルです。

市場参加者が持っている現在のポジションを収集し計算します。例えばドル円の買いを持っている人が多ければ多いほど売りたい人・売らなければいけない人が増えてきます。それは重しとなり将来的に下落することが予想されます。

それを利用し逆のポジションをとっていく手法です。ここ数年の円高時代にはドル円クロス円の買いが異常な程増えたのでひたすら売ってきました。最近はその逆の傾向に近づきつつあります。

データは国内外の個人・業者・銀行・取引所など様々なところから収集しています。

ご質問がありましたらコメント欄からお気軽にどうぞ。
プロフィール

サミー

Author:サミー
証券会社の元為替ディーラーです。カバー(お客さんの注文を市場に流す仕事)もプロップ(自己売買)もやっていました。成績はそこそこよかったのでは?

逆アクセスランキング
カテゴリ
サブランキングサイト

メイン口座




Amazon


メールフォーム
何かありましたらこちらにどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク・相互リンク
当ブログはリンクフリーです。
注意事項
※当ブログは個人的な分析・見解によるものであり、特定の取引を推奨するものではありません。ここでの分析に基づいての取引の結果、損失を被ったとしても筆者は一切の責任を負いかねますので、投資は自己判断でお願いいたします。