--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-05-26(Sun)

条件は揃った

各社ポジションを見てみます。


20130525.png


どこも円売りが溜まっています。IMMも過去最大級にドル円の買いに偏っており、これはまだ先週火曜日時点のデータですが、あきらかにこれがトリガーとなって木曜、金曜の円買いストップが起こったようです。

ドル円だけでなく、豪ドル円・NZ円なんかもかなり溜まっていますし、下がれば個人はかってくるので、このままならずるずる行くかもしれません。


後は、ここに出てこない超大口だけですね。インターバンクの友人の声なんかを聞いていると、オーダーがかなり大きなロットで入ってくるようで、さばくのに苦労しているようです。先物や債券のディーリングなんかはもうそれは大変なようですね。


しばらくは、荒い動きが続きそうですが、個人的には中期は前回書いたようなポジションでやっていって、短期もかなり入っていこうと思います。


先週は日経225が大暴れしたので今週もまだ続くと思いますが、個人的にはそろそろダウもくるのではと思っています。上がれば下がる。麻生さんも言っていましたがあたりまえのことですね。
ひかされて相場の神様に願うことだけはしないように気をつけたいと思います。



にほんブログ村 為替ブログへ
更新頻度が上がるボタン。
スポンサーサイト
2013-05-25(Sat)

調整と見るのが妥当だが傷は深そう、よって基本売り

木曜日の昼からはじまった225先物の暴落は起こるべくして起こった事象です。
誰もが買いにはしり、普段は投資などしないような人達まで我先にと買い、
テレビなんかで株の特集番組なんか放映始めた時なんかはその典型です。

保有玉はほぼ決済、太平洋通貨の
豪ドル、NZドル
そしてJGB(債券)にお騒がせの225先物ではなく今回はCFDのINDEXでやっていますが、
あとGOLD、これでかなり助かりました。

残り保有玉
豪ドル円 売 半分 101.200
豪ドル/ドル 売 半分 1.05878
NZドル/ドル 売 半分 0.84814 
GOLD/USD 売 半分 1772.5
他 JGB売 225index売

といっても、なんだかんだ今年は大きくマイナスからスタートしたので、
やっとトータルの収益がトントンにおいついたくらいです。

スタンスとしては今回の下落は、調整と見るほうが妥当かと思いますが、
しばらくは高値更新などはなく、調整の日々が続くのではないでしょうか。
為替だけでなく、株やコモディティ、債券など全体を見ないと、
この相場は難しいと思います。いまのメインは株とういか、
日経225先物ですので、まずはこちらをみないと始まりません。
為替はその後に追随している印象です。



にほんブログ村 為替ブログへ
更新頻度が上がるボタン。
2013-05-12(Sun)

行き着く先

ドル円はもう少し先かと思っていたが100円を突破、ストップを巻き込んでどんどん上昇ですね。
日系平均がこれだけあがっているので、勢いは止まらず。
ただし、クロス円が追随できずに、時に豪ドル円とNZ円はほぼ変わらずの低位置。
その分、豪ドルドルとNZドルの下落が激しく、豪ドルはもはやパリティのドルとほぼ等価です。
これはもうコモディティの終わりを意味しているのではないでしょうか。
GOLDもあれだけ落ちましたし、どう考えても終わっていると思います。


20130510.png


ここには載せていませんが、債券の下落も目立ちます。これはもっと下がると思っているので、
引き続き売っていますが、全体的に相場は局面にきているようにも思えます。


今年はFXだけでなく株にしろコモディティ、債券全ての市場が活気に湧いていて、忙しいです。
でもやはり何かこのジャブジャブの世界の行き着く先というのが、気になります。
どうなることでしょうか。


にほんブログ村 為替ブログへ
更新頻度が上がるボタン。

2013-05-06(Mon)

今年のGWは大した動きなし

GW中の相場は雇用統計に少し動いたくらで、例年のような極端な動きはなし。


20130506.png


ドル円が再度100円突破を試みていますが、やるならはやくやってほしいところ、
逆にとめられれば、これで3度目の失敗になるので、相当その後が苦しくなるはずです。



にほんブログ村 為替ブログへ
更新頻度が上がるボタン。

オリジナルポジショントレード
FXポジショントレードはディーラー時代にあみだした独自のトレードスタイルです。

市場参加者が持っている現在のポジションを収集し計算します。例えばドル円の買いを持っている人が多ければ多いほど売りたい人・売らなければいけない人が増えてきます。それは重しとなり将来的に下落することが予想されます。

それを利用し逆のポジションをとっていく手法です。ここ数年の円高時代にはドル円クロス円の買いが異常な程増えたのでひたすら売ってきました。最近はその逆の傾向に近づきつつあります。

データは国内外の個人・業者・銀行・取引所など様々なところから収集しています。

ご質問がありましたらコメント欄からお気軽にどうぞ。
プロフィール

サミー

Author:サミー
証券会社の元為替ディーラーです。カバー(お客さんの注文を市場に流す仕事)もプロップ(自己売買)もやっていました。成績はそこそこよかったのでは?

逆アクセスランキング
カテゴリ
サブランキングサイト

メイン口座





志摩力男の実戦リアルトレード
Amazon


メールフォーム
何かありましたらこちらにどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク・相互リンク
当ブログはリンクフリーです。
注意事項
※当ブログは個人的な分析・見解によるものであり、特定の取引を推奨するものではありません。ここでの分析に基づいての取引の結果、損失を被ったとしても筆者は一切の責任を負いかねますので、投資は自己判断でお願いいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。