2013-01-26(Sat)

ジムロジャースなりなんなり、投資マネーが円へ

なんだか世界中の投機資金が円売りに傾いている模様。
これで10週連続ドル円は上昇です。
トレンドといえばそれまでですが、ここまで押し目のない相場というのも珍しいです。


20130122.png


今週は短期用の売買しかやっていません。
中長期の玉はアップしているものですが、こちらは静観しています。


プライスアクションをずっと見ていたのですが、
ドル円は90.50までは相当売買があったように見えました。
90.50以上はストップが一気についたように上昇。
わたしも高値再度更新で切ろうと思っていたので
おそらく同じように考えていた人達も多かったように思えます。


あと、最近は欧米から日本の通貨安政策に意義をとなえる
声があがってきました。正直なにを今更。。といった感想です。
散々自分たちもやってきたのですから、日本政府・日銀は何を言われても
やっていいと思いますがどうでしょうか。それでどこまで上昇するかは不明ですが。


にほんブログ村 為替ブログへ
更新頻度が上がるボタン。
2013-01-23(Wed)

調整だが開拓は無いレベル

やっと垂れてきたかなぁという印象。
前回の下落時には海外の売り筋がしかけていましたが、
それが90円高値で撤退。
今回の下落はむしろ、高値でしこった玉による自然的な下落の印象です。
こういうのは中々あがりづらいはずですが、最近の私がずれている可能性も
あるのでデータのみを分析してもらったほうがいいかもしれません。。


20130123.png


個人は、この下落で買いに走っているようです。
基本的に逆張りなので、ここからでも下がれば買ってきますね。
私はまだ売りもちですが、ここでは買いたくはないです。
ドル円ならできたら85円台。この辺からドテン予定です。


にほんブログ村 為替ブログへ
更新頻度が上がるボタン。
2013-01-20(Sun)

各社の売買比率

なんだか私と相場の読みと現実には現在深いギャップがあるようです。
ちょっと静観していますので、データをお届けします。


130120.png


ドル円は10週連続の陽線。
IMMの買いは微減。他は微増。
相場全体を見るとドル買い気味。
さすがにこれ以上は。。のはずですが私がずれているのでしょうか。


にほんブログ村 為替ブログへ
更新頻度が上がるボタン。
2013-01-17(Thu)

昨夜買い戻した分は、さきほど売りなおし

昨日ほぼ底値でいったん一部のポジションは解消して、
今日いきなり戻ってきたので少しだけ売り直しました。
コレで少しコスト改善です。
勢いが止まらないようならすぐに諦めます。


ただ、今週は少し流れが変わっているのも事実。
これだけ相場が動いてくれるとトレーダーとしては
ありがたいものです。


新規売り
USD/JPY 売 89.284
EUR/JPY 売 119.363
AUD/JPY 売 94.000

残り保有玉
USD/JPY 売 83.984 83.442 89.284
EUR/JPY 売 109.855 119.363
GBP/JPY 売 134.910
AUD/JPY 売 88.128 88.216 94.000
NZD/JPY 売 67.478 70.641
AUD/USD 売 1.05878
NZD/USD 売 0.83288
USD/CHF 買 0.92652
GOLD/USD 売 1692.2 1772.5


にほんブログ村 為替ブログへ
更新頻度が上がるボタン。
2013-01-16(Wed)

週半ばの状況

ポジション貼っておきます。


20130113.png


前回からドル円の買いが膨らんでいます。
押し目買いで動いたようですが、完全に高値を掴まされて、
身動きがとれない状態になってしまったようです。
よって、しばらくドル円は90円を狙いにいくような動きはないと思います。


私は、その間うごきやすくするように、いったん決済できるものは決済。


決済買
ドル円*2
ユーロ円*1.5
ポンド円*1.5
豪ドル円*2
キウイ円*1
金*1

残り保有玉
USD/JPY 売 83.984 83.442
EUR/JPY 売 109.855
GBP/JPY 売 134.910
AUD/JPY 売 88.128 88.216
NZD/JPY 売 67.478 70.641
AUD/USD 売 1.05878
NZD/USD 売 0.83288
USD/CHF 買 0.92652
GOLD/USD 売 1692.2 1772.5


今回は、放っておいてしまったので痛手でしたが
また入りなおします。


にほんブログ村 為替ブログへ
更新頻度が上がるボタン。
2013-01-13(Sun)

各社のポジション・売買比率情報

ひさしぶりに各社のポジションをあげておきます。


20130113.png
今週気になるのは、IMMの円売りが減っている反面、
日本の業者の円売りが増加しているという点です。


これは何かというと、外人が利益確定にまわり、
日本の個人が高値の損切りもしくは、新規の買い
ポジションを膨らましているということです。


ドル円は90円が見えてきました。
90円には大きなオプションもあり、大節でもあるので注目しています。
金曜につけたかったようにも見えましたが失敗しました。
週ベースでみるとここまで10連騰近くになっています。
ディップがない相場というのは反動もこわいですが、
これを腰が強いと見るかは、もうちょっと時間が必要です。


あともう一つ気になる点があり、ここまで円の独壇場だったのが
ユーロに動意がでてきたことです。
投機資金が円売りに回っていたのが、
ユーロにいくと、円安にとってはマイナスの動きが出ます。


2013年、相場が大きく動きそうです。
私のポジションもなんとかしないと。。



にほんブログ村 為替ブログへ
更新頻度が上がるボタン。
2013-01-04(Fri)

年始の相場としては珍しい

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。


相場の方は、ドル円が高値更新を何日も続けています。
ディップがないというのは、上値を追うには危険な状態ではあります。
ただ、本日4日は日本勢の取引開始日なので、昨夜のNYなどを見ていると
明らかに無理やりあげていたので、東京勢に高値を買わせるためのしかけでしょう。
一応東京時間は高値で終わっているので、買ったことは間違いないですね。


ただ相場全体を見ると、クロス円は高値は更新できずに停滞。
ドルストレートは軒並みドル買いになっています。
これは財政の崖問題などが一旦おちついでドル買いになった模様。
他通貨が売られドルが買われています。GOLDなんかみるとこの辺は
わかりやすいですね。ドルが買われて円が売られているので、
一番伸びるのはドル円となるわけです。


さて、問題はどこまで伸びるかですが、それは正直わかりません。
政府としては85-90円と明言してしまいましたが、それは明らかに失策。
相場というのはえてして、管理できるものではありません。
突き抜けるならそれこそ100円を目指しますし、具体的に
何もできないなら80円へ真っ逆さまです。


現状としては、皆が買い進んでここまできました。
もちろん筋の買いポジションは膨らんでいますが、
投げが出るまでは、解消はされません。
その信号がでるまでは個人的には大きな行動は控えるつもりです。
いずれにしても今年は円にも動いてもらいたい。
ここ数年じって動かなかったので数円動いただけでも
それなりの印象が残ります。


今回の年初の相場は珍しい現象であり、
個人的にもふにおちないところが多少あるのですが、
この歳になっても相場というのがつかめないのがまた面白いです。


それでは、本年も相場とともに歩んでいきましょう。


にほんブログ村 為替ブログへ
更新頻度が上がるボタン。
オリジナルポジショントレード
FXポジショントレードはディーラー時代にあみだした独自のトレードスタイルです。

市場参加者が持っている現在のポジションを収集し計算します。例えばドル円の買いを持っている人が多ければ多いほど売りたい人・売らなければいけない人が増えてきます。それは重しとなり将来的に下落することが予想されます。

それを利用し逆のポジションをとっていく手法です。ここ数年の円高時代にはドル円クロス円の買いが異常な程増えたのでひたすら売ってきました。最近はその逆の傾向に近づきつつあります。

データは国内外の個人・業者・銀行・取引所など様々なところから収集しています。

ご質問がありましたらコメント欄からお気軽にどうぞ。
プロフィール

サミー

Author:サミー
証券会社の元為替ディーラーです。カバー(お客さんの注文を市場に流す仕事)もプロップ(自己売買)もやっていました。成績はそこそこよかったのでは?

逆アクセスランキング
カテゴリ
サブランキングサイト

メイン口座




Amazon


メールフォーム
何かありましたらこちらにどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク・相互リンク
当ブログはリンクフリーです。
注意事項
※当ブログは個人的な分析・見解によるものであり、特定の取引を推奨するものではありません。ここでの分析に基づいての取引の結果、損失を被ったとしても筆者は一切の責任を負いかねますので、投資は自己判断でお願いいたします。