--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-05-31(Thu)

ドル円ひとまず利食い

為替ブログランキング


ドル円が下に突っ込んできたので一つ決済。

@78.622
450pips獲得。

個人的には78.50割れでとろうかと考えていたが、まぁそこまでこだわらなくても充分とれたので一度決済。

これで残り一つとなった。
一度この辺で切り返してもいいとは思うのだが、いかんせんここまで戻りという戻りがなく、ここまできてしまった。


0531oand.png


これをみると79.50までは普通に戻ってもいいかなと。

決済
USD/JPY 買決済 78.622 +453.4


残りポジション 建値
USD/JPY 売 83.984

EUR/JPY 売 109.439 半玉

GBP/JPY 売 131.672 半玉

AUD/JPY 売 88.128

EUR/AUD 買 1.24670


にほんブログ村 為替ブログへ
↑ポチッと投票していただくとモチベーションアップします。(^-^)

スポンサーサイト
2012-05-30(Wed)

質問への回答など

為替ブログランキング


更新間隔が少しあいてしまいました。
すみません、移動日が多く細かい作業が重なったりでマーケットは見ていたものの特に新規トレードは無しです。


ユーロドルは重症、先週のロングのポジションは切っておいて正解ですね。
ドル円・クロス円のショートは引き続き保有しています。


いくつか、質問やコメントがきていたので順に回答していきたいと思います。


■私もサミーさんのポジショントレードなるものをずっと前にやっておりました。
(完璧に同じトレードスタイルだというわけではありませんが)

ですが、すぐにはその予想する方向に行かないことが重なり、捨ててしまっていたトレードスタイルでしたが、サミーさんのブログを拝見しもう一度やる価値があると思いました。

なんというか、ある程度気長に待つ手法なのかなと捉えています。

□コメントありがとうございます。
基本的に私のポジショントレードは見ていてわかるかもしれませんが、中期のポジションを主としています。これはいくらポジションが偏ったからといってすぐには、反対の方向にいくとは限らないからです。
今回のユーロドルを見ていただいてもわかる通り、IMMであれだけショートが溜まっても、さらに下落しています。これはIMM筋が相当のショートをもっていることで、完全にトレンドができあがっているという理由もあります。ただし、反転するときの爆発力は秘めていることはたしかですので、後はタイミングですね。これはその時によってなんとも説明しがたいので、私もトレードでお見せできたらいいかなとは思います。前回買ったのは明らかに間違いでした。


■マネパの売買比率だと、(AUD円)買いポジションが80%になっているのですが????


□溜まっていますね。マネパなどFX業者はほとんどが日本の個人の玉ですので、下がればみんな買ってくる傾向にあります。特に豪ドル円はスワップ派なども多いのでここ3年ほどはずっと買いに偏っています。ただしリーマン以降は大きく崩れてもいませんね。これは色々あるのですが、こちらも調度解説しやすい場面がきたらリアルでお見せできたらいいかなと思います。

■昨今11円程度も急落した≪AUD/JPY≫でありますが
 円高に進めば進むほどロングの比率が増しているんですから、
 単純に考えれば売り手≦買い手で円安になるんじゃないんですか?

□これは、ちょっと違います。たしかに売買比率を見ると豪ドル円の買いが増えているのは明白ですが、為替は買い手がいれば売り手もいます。例えばほとんどの方がFX業者に発注していると思いますが、みなさんが買ったということは、業者側は売ったということになります。ここからは各業者にもよって異なるのですが、そのままだと収益が安定しないのでカバーという方法をとり、銀行などへつなげます。これをすることで業者も買いのポジションをとるので、顧客との為替変動リスクがなくなります。ただし今度は銀行が売りとなってしまいますね。銀行もまたカバーをおこなったり、しますがいずれどこかのタイミングで売りを持っている銀行なりなんだりが出てきます。なので市場全体ではゼロサムになるんですね。


■大量に溜まった円売りポジションが今後の円売り地合いの頭を
 押さえる考えがどうも。理解出来ないんですが。。
 別に-ポジションにて円売りを保有していてもLCを入れている訳では
 ないんですから、何故?円安基調への足かせとなるんでしょうか??

□もし、あなたが今大量にドル円や豪ドル円を買っていると思ってください。いまこれだけ下がっていて評価損が出ていると、すこしでも上がったりプラスになったら速く閉じてしまいたいと思いませんか?そういう人が多ければ多いほどはやく売りたがるのでレートが少し上に戻っただけで売りが湧いてきます。こういう状態を業界では上値が重いといいます。あと強制LCでストップ狩りにあったりですね。個人の玉はヘッジファンドなどには見え見えなのですぐに狩られます。


■ 昨今、ユーロが対ドルに対して空前の売り越し枚数
 だと言われます。 現にIMMシカゴ建て玉推移を見
 ても明らかなんですが。。

 でも、OANDAさん等々のロングショート比率を見て
 みると、売り買い拮抗(約50対50)な統計が出てい
 るんですが、どう?? 理解すればいいんでしょうか。



□まず、IMMが市場の全ての玉ではありません。%にしたらほんの数%ほどではないでしゅうか。OANDAも然りです。市場の違いを見れば、IMMはヘッジファンドなどの本筋、OANDAは個人です。それぞれの傾向を把握して相対的にポジションの偏りを出せないと騙されて大怪我をするので、全体を見たほうがいいですね。


みなさん、色々と考えられているようで、関心します。為替市場は特に、為替だけでなりたっているわけではありません。株式、商品、債券、経済指標などありとあらゆるものが絡んできます。為替だけを見ていては為替は絶対に理解できません。これほど情報が瞬時に世界にいきわたり、マネーが国境を越えているのですから一つの情報だけでは頼りになりません。テクニカルもいいですが、限界はあります。ましてやあれもこれもとやっては元もこもありません。自分にあったものを見つけて冷静に判断しましょう。私はそれでオリジナルのこのポジショントレードをあみだしました。幸いにもこうして利益が出ていますので、いまは間違っていないと思いますのが、市場も常に進化していますので、私も常に新しい動きに対応できるように努力しています。


また、何か質問がございましたらコメントいただければなるべく回答いたします。
それではみなさんハッピー投資ライフを!


----
私の残りポジションは先週から変わらず

残りポジション 建値
USD/JPY 売 83.156
USD/JPY 売 83.984

EUR/JPY 売 109.439 半玉

GBP/JPY 売 131.672 半玉

AUD/JPY 売 88.128

EUR/AUD 買 1.24670


にほんブログ村 為替ブログへ
↑ポチッと投票していただくとモチベーションアップします。(^-^)
2012-05-24(Thu)

相場

ユーロは見事に撃沈。
元々短期の予定で、失敗したと思ったところで切らなかったのがいけませんね。
とういことでユーロドルと、ポンド円を半分決済。
いずれ帰るでしょうが、しょうがない。


決済ポジション
EUR/USD 売決済 1.25944 -133.9 pips
GBP/JPY 買決済 124.820 +672.8 pips 半玉

残りポジション 建値
USD/JPY 売 83.156
USD/JPY 売 83.984

EUR/JPY 売 109.439 半玉

GBP/JPY 売 131.672 半玉

AUD/JPY 売 88.128

EUR/AUD 買 1.24670



損切りというのは、やはり嫌なものですが、これをやらないと一撃で全てを失う可能性があります。
99%の勝率でも残りの1%でナンピンを続けたらいつまでも保有していると、
それが他の全ての資産を食い潰してしまいます。
長く相場を続けているプロの中で損切りをしない人はいません。
続けてこそ相場をはれるのでやはり大事ですね。
損切ったあとに、思い通りの方向にいったということも多々ありますが
それは結果論なのでしょうがない、それも相場ですね。



にほんブログ村 為替ブログへ
↑ポチッと投票していただくとモチベーションアップします。(^-^)
2012-05-23(Wed)

哎呀 アイヤ~

為替ブログランキング

本日は、12時間の移動だったのですが、PCを開いて見るや否やユーロが年初来安値更新。。
うーん、1.2600割れたら切りますが、そうなったらユーロ円の売りかポンド円の売りを決済してヘッジしようかと思います。ドル買い円買いなので、クロス円の売りが一番強いのですからそれでいいと思います。
むしろ、クロス円が思いっきり叩かれているように見えますがどうでしょうか。


0523eur.png


こちらはユーロドルのオーダーとポジション。
多少は溜まってるけど、うーん、安値更新するくらいのトレンドなのか。。
いずれにしても、今回のユーロドルはあまりポジションどうのっていう相場ではないので、
不用意に入ってしまった自分に反省です。
対円はバッチリなんですがね。



日銀会合については特に目新しいこともなく、コメントもなく。。。
何もしないことは変わらないということだと思いますが。
世界中、緩和緩和でもうマネーがジャブジャブなのですから、日本も緩和し続けても中々追いつかないのかなと。
もうちょっと本気でやるぞ!っていう姿勢が見たいですね。



にほんブログ村 為替ブログへ
↑ポチッと投票していただくとモチベーションアップします。(^-^)
2012-05-22(Tue)

フィッチ:日本国債格下げ、見通しネガティブ


為替ブログランキング

フィッチが日本国債を「A+」に格下げ、見通し「ネガティブ」
http://jp.wsj.com/Finance-Markets/node_446803



フィッチの格下げのニュースを受けて、多少円が売られたものの、戻りはやはり重いです。ドル円をみると既にヒゲとなっていますね。それだけ円売りポジションを早くしまいたいと思っているプレーヤーが多いのではないのでしょうか。


それにしても、もう少し反応してもいいとは思うのですが、動きが出てくれないとなんともやりづらいです。
また動きがあったら出てきます。私のポジションは変わらず。


にほんブログ村 為替ブログへ
↑ポチッと投票していただくとモチベーションアップします。(^-^)
2012-05-21(Mon)

ちょっと遅めな今週の展望


為替ブログランキング


すみません、少し更新が遅れました。


日食が起こった月曜、気になったところを幾つか抜粋してお送りします。



■IMM シカゴ先物市場 建て玉推移
http://www.forexwatcher.com/cmepos.htm
ヘッジファンドなどトレンドを作っている海外の大口の建て玉がわかります。
一度転換すると非常に大きな相場の波となります。全て対ドルです。

0521imm.png


今回はユーロドルを掲載しています。ユーロドルは遂に限界値近くまでショートが溜まりました。私が先週買った時のプライスアクション的には売りが相当でている。それは確かだったのですがその売りがでているにもかかわらず何か大きな壁にぶつかってうまく落ちていかないような印象がとれたからです。これは売りが溜まった時によくみられる減少です。売りが売りを呼んでストップをこなして一気に戻ってくるという相場ではなかったのですが、こうしてデータをみるとなるほどなと理解できました。


ドル円もロングが減りつつありますが、まだまだです。これだけ値が落ちているのにもかかわらずということは、まだ下があってもいいでしょう。引き続き戻り売り姿勢。全然売れるタイミングがないんですが。。



■OANDA 未決済のポジションの比率
http://fxtrade.oanda.com/lang/ja/analysis/open-position-ratios
OANDAは主に海外のポジションが集まっていますので対ドルに信頼性があります。
※左メモリが買い、右メモリが売り

0521oan.png

ユーロスイスとGOLDはいつも通り。ユーロスイスは待つだけ。GOLDは今年はもうずっと売りでいいのでは。
豪ドル円、ドル円もいつもと同じ。戻り売り。
豪ドルドルもそろそろ諦めたほうがいいのではないだろうか。



■OANDA 通貨ペア別 外国為替注文書
http://fxtrade.oanda.com/lang/ja/analysis/forex-order-book#USD/JPY
OANDAは通貨別の詳細も見ることができます。
左の図がOANDAユーザの注文で右側が抱えているポジションです。

0521euruds.png

こちらはユーロドルのポジション。1.2700前後で売った玉がしこっています。これを時間をかけてこなせるようなら諦めますが、前回買った玉は、このストップ買いが出たくらいでしきろかと思います。


にほんブログ村 為替ブログへ
↑ポチッと投票していただくとモチベーションアップします。(^-^)
2012-05-19(Sat)

Facebook上場

昨夜はいきなりの円買いがきました。またもや上で売りますこと出来ず残念。。


ユーロドルは節と思っていた1.2650を瞬間つけて反発、結局またコストに戻ってきてしまっています。
持ち越そうか、うーん。ユーロの動きを見ると今回は特殊で、ポンドドルや豪ドルドルが下がっているのに対し、ユーロは下がっているというよりは下で揉んでいる展開。


つまりユーロポンドとユーロ豪ドルが上昇しているわけです。完全なドル買い相場ではなく、ユーロが大したポジティブニュースもないのに多少耐えている状態です。というわけで今週は持ち越してみようと思います。


また、朝になればIMMも発表されますし情報を整理します。
今夜の市場はFACEBOOKのIPOの話題で持ちきりですね。初値もIPO価格を上回り順調。こんなでかい案件に触れてみたいものです!



にほんブログ村 為替ブログへ
↑ポチッと投票していただくとモチベーションアップします。(^-^)
2012-05-17(Thu)

う~ん

為替ブログランキング

う~ん、特にこれといった出来事もポジションの変化もないです。


ユーロドルはあまり持たないと言った割りにはまだもっています。
この辺だと思うんですが。。
でもあまり気持ちがよくないので再度安値がくるようなら切ります。
1.2650目安。



にほんブログ村 為替ブログへ
↑ポチッと投票していただくとモチベーションアップします。(^-^)
2012-05-16(Wed)

週半ばの状況

為替ブログランキング


ギリシャのパプリアス大統領と他党首との会談が物別れに終わり、再選挙が実施される見通しになったことを受け、欧州問題がさらに長期化、ユーロ売りが出ています。


対円のほうを見ると、売り込まれていたドル円と豪ドル円はいったんの短期的な底はついたように思える。戻りのレベルを吟味して売ってみたい。


0518oan.png

ドル円は80.00円近辺での買いもあるが、売りもそこそこ溜まっているのでやはり多少は戻るだろう。

0516nom.png

注文を見ても目立っていたストップオーダーもほとんどが消えてしまった。


やはり、短期的に反発にはいったものとして見ていいかもしれない。ただしこのレベルではまだ売りたくないのが心情。ということで少し売り込まれていたユーロドルを拾ってみた。@1.27283 短気なのでストップは浅め。


新規ポジション
EUR/USD 買 1.27283

残りポジション 建値
USD/JPY 売 83.156
USD/JPY 売 83.984

EUR/JPY 売 109.439 半玉

GBP/JPY 売 131.672

AUD/JPY 売 88.128

EUR/AUD 買 1.24670

EUR/USD 買 1.27283


また動きがあったら出てきます。


にほんブログ村 為替ブログへ
↑ポチッと投票していただくとモチベーションアップします。(^-^)


2012-05-13(Sun)

今週の展望

為替ブログランキング

週末となりましたので先週のポジションの変化を見ていきたいと思います。
売買比率やオーダー状況だけでもたくさんのサイトがあります。
業者や市場ごとに特徴もあるので、そういったこともふまえてみていきましょう。


■IMM シカゴ先物市場 建て玉推移
http://www.forexwatcher.com/cmepos.htm
ヘッジファンドなどトレンドを作っている海外の大口の建て玉がわかります。
一度転換すると非常に大きな相場の波となります。全て対ドルです。

0513imm.png


ドル円の買いポジションは最大値からは多少減ったものの、依然として買い持ちが多い状態が続いています。80円を割れてたいした戻りがないにも関わらず、この位置にいるということは完全に勝負あったと思われる。ここからの自立反発はほぼないものと考えてひたすら戻り売り思考です。


ユーロドルはショート増加。先週末に買い目でいたものの、プライスアクションからはやはり売ってきている勢力が目立ったので、買いはまだ控えておきました。過去の数値からいうと、この辺が売りが溜まる限界値に近いのでそろそろ買ってもいいころあいかと。ただし欧州情勢があるので油断は禁物。売りが溜まっていようと売られるときは売られるので。


もう一つ、気になったのが、豪ドルドルのロングの半減。これもここ数年は上やっては損切って、下やっては損切っての繰り返しになっています。筋はもうぼろぼろでしょうね。逆にそれでもうかっているのが日本の個人なのが面白いところ。80円以下は日本の個人投資家の買い、88円辺りで売りとやっている人が多いみたいです。スワップもあるので安心して買えるのでしょうね。でもいつかくるであろう、大きな下げは怖いものです。くりっく365がデータの公表をやめたのは、こういった個人投資家のポジションを守るためなんでしょうか?



■くりっく365 為替売買動向
http://www.click365.jp/
左下の緑のボックスの「為替売買動向」をクリックするとエクセルが表示されます。
くりっく365は日本の個人の中・長期玉が集まる傾向があります。

為替売買動向は、2012年5月7日のデータ更新(5月4日付取引分)をもって、ホームページ上での掲示を終了いたしました。




■OANDA 未決済のポジションの比率
http://fxtrade.oanda.com/lang/ja/analysis/open-position-ratios
OANDAは主に海外のポジションが集まっていますので対ドルに信頼性があります。
※左メモリが買い、右メモリが売り

0513oan.png


相変わらずユーロスイスは、ガチガチ。SNBの支えをバックにみんなロングだから、ちょっとあがったらリグってともうどうしようもない動き。一度崩れないとどうも動けないと思いますがSNBはこれでいいんでしょうか。

あとはやはりGOLDは天井をつけて今は下降トレンドに入っていることがわかります。
売っておきたかった。。ここからでも1700ドルくらいの戻りがあればやっていきたい。


■OANDA 通貨ペア別 外国為替注文書
http://fxtrade.oanda.com/lang/ja/analysis/forex-order-book#USD/JPY
OANDAは通貨別の詳細も見ることができます。
左の図がOANDAユーザの注文で右側が抱えているポジションです。


特に目立ったポジション無し。


■外為どっとコム ポジション比率情報
http://www.gaitame.com/market/buysell.html
「ポジション比率情報ダウンロード[XLS]」をクリックするとエクセルが表示されます。
国内でも上位の出来高をほこる外コムさんですので全体的に信頼性は高いです。


0513gaikom.png

ドル円、豪ドル円の買い比率は下がる度にどんどん上昇しています。
もうこれは無理ですね。ひたすら戻り売りで。

■外為どっとコム 注文状況
http://www.gaitame.com/blog/nomura/
ポジションの売買比率ではなく損切りも含めた板のような注文状況が見れます。
見るには一定の条件が必要なので情報を公開している野村氏のブログを張っておきます。


週末は注文も控えていてこれも特にデータ無し。


■みんなのFX リアルタイム売買比率
http://min-fx.jp/market/bsratio/
3分間隔での更新は。リアルタイム性に優れています。


0513mia.png


ランド円は99%。。すごいですね。個人的にはランドはあまりにも出来高が少ないのでやっていません。
新興国の通貨などはその情勢に大きく左右されるのでポジションがどうっていうのは一発でふきとぶ可能性が高いからです。でも何もおきなければ同じことですが。



■マネーパートナーズ 売買比率
http://www.moneypartners.co.jp/market/ratio.html
マネパさんも公開していますし出来高も結構ありますのでチェックしています。
※左メモリが買い、右メモリが売り


0513moneypa.png

みんなのFXもそうですが、ポンドドルの売りと豪ドルドルの買いも目立ちます。
こういう時は通貨ごとに考えて間のドルを消して、ポンド豪ドルの買いとかですね。
私はユーロ豪ドルの買いをもっているので、そちらで代用しています。


■FXCM 売買比率
http://www.fxcm.co.jp/market/ratio/index.php
FXCM世界全体のポジションと見ていいのではないでしょうか。
そう考えるとOANDAさんのように対円以外でのデータの信頼性も高まります。


0513cm.png


■DMM 売買比率 (iPhone)
https://tool.fx.dmm.com/iFX
こちらはiPhoneからです。

0513dmm.png


短期勢が多いと思われるDMMさんですが、だいたい同じですね。対円は。

■FX WAVE
こちらはオーダー情報サイトです。
右のバナーにあるJFXさんやLIONFXさんから口座開設するとこちらの情報が無料でみれます。
こちらはインターバンクの大口のオーダー、特にストップが見れるので役に立ちます。

ドル円
81.50円 売り厚め
81.20円 売り
81.00円 売り厚め・超えるとストップロス買い
80.90円 売り
80.80円 売り厚め
80.70円 売り厚め輸出・超えるとストップロス買い
80.40-55円 断続的に売り
80.30円 売り・超えるとストップロス買い
80.20円 売り厚め・超えるとストップロス買い
80.10円 売り輸出・超えるとストップロス買い
80.00円 売り厚め・超えるとストップロス買い

79.88円 5/12 3:06現在(高値79.99円 - 安値79.72円)

79.75円 買い
79.50円 買い厚め・割り込むとストップロス売り
79.40円 買い輸入・割り込むとストップロス売り
79.25円 買い・割り込むとストップロス売り、OPバリア観測
79.10円 割り込むとストップロス売り
79.00円 買い厚め・割り込むとストップロス売り、OPバリア観測
78.90円 割り込むとストップロス売り
78.80円 買い厚め・割り込むとストップロス売り
78.50円 買い厚め・割り込むとストップロス売り


これを見ると、80.50程度までの反発はあってもおかしくないが、79.50をきると下落もさらに早そうです。

■GI24
こちらもオーダー情報サイトさんです。
DMMさんなどに口座開設すると無料で見られます。当ページの右上のバナーからどうぞ。
個人や銀行のオーダー状況もわかり上記のFX WAVEさんと比較しながら見るのが効果的です。

【ドル円】
80.80円 売り
80.50円 売り:ストップロス買い
80.40円 売り
80.30円 売り
80.20円 売り:ストップロス買い
80.00円 売り

79.80円(現在値)

79.50円 ストップロス売り
79.40円 ストップロス売り
79.30円 買い
79.20円 買い
79.10円 買い
79.00円 ストップロス売り
78.80円 ストップロス売り
78.50円 買い:ストップロス売り
78.40円 ストップロス売り

こちらもまぁ上より下の方が早そうですね。


■現在の私のポジション

残りポジション 建値
USD/JPY 売 83.156
USD/JPY 売 83.984

EUR/JPY 売 109.439 半玉

GBP/JPY 売 131.672

AUD/JPY 売 88.128

EUR/AUD 買 1.24670


■まとめ

ドル円、豪ドル円を中心に徐々にその重みが増しています。ここまである程度のストップをつけてきたので一旦の反発があってもおかしくないのですが、どうも反発も大したことなさそう。というか、先週もそうなのですがボラティリティが低く、変動幅が無いとストップもでにくく相場も反転はしません。


今週はモルガンの莫大な損失などもあって、今後金融機関への規制などの話題もさらにでてくるでしょう。トレーダーを殺すにはこの規制からくる、ボラティリティの減少で充分です。トレーダーなら相場の中でこそ死んで本望かもしれませんが、武士が刀をとられるような状況に陥るわけです。


外銀やヘッジファンドなどでやっている友人に聞いても、最近はいい成績だしていも部門の閉鎖やリストラばかりのようです。FX業者さんもボラの低い中でこれだけ狭いスプレッドをだしているのですからさぞかし大変でしょう。その分、我々個人は、個人の裁量で好きな業者を使い、好きな額を好きな時間に誰からも運用できるわけですから、恵まれているんですね。良い時代になったものです。


話がそれましたが、対円は基本戻り売り、対ドルはタイミングを見て、ゴールドは売りといった感じでしょうか。


今週はもっとダイナミックな動きを期待。


にほんブログ村 為替ブログへ
↑ポチッと投票していただくとモチベーションアップします。(^-^)



2012-05-10(Thu)

今度は突っ込み売りしたストップがついている

為替ブログランキング

昨日買い戻した豪ドル円は、前から80円割れでのストップを狙っていたので、いいとこでとれました。
今はその戻して1円以上、戻っていますね。


ドル円が80円割れて、豪ドル円も80円割れて、今度は一気にベアになって一時的に売りばかりになってしまったようです。こうなると今度は上がってしまう。相場とはそういうものです。常に大衆が間違えるとはこういうところから来ているんですね。


気になったのはユーロドル

0510oan.png

右側の四角を見ると、1.2950前後で突っ込み売りしてしまった様子が伺えます。
1.2900割れがなければ、この辺は何度か止まっているところなのっで買い興味です。
ただし、戻りの売り勢力も左の四角のように多いのも事実。
う~ん、どうしようか。もうちょっとプライスアクション見て重さを判断したいと思います。

にほんブログ村 為替ブログへ
↑ポチッと投票していただくとモチベーションアップします。(^-^)
2012-05-09(Wed)

豪ドル円、80円割れキタ


為替ブログランキング


豪ドル円は無事に落ちてきてくれました。
というか、何も戻りがない。なさすぎ。。
768pipsとれたのでいいのですが、戻りも果たして期待できないです。


本来なら、戻りを売って、回転させていきたかったのですが
これだけ綺麗に落ちてくるとポジションが見事になくなってしまいます。
これだけ利益がでているのに、何を言ってるんだと怒られそうですが
やはりできれば欲張りたいというのが心情。。
う~ん、ちょっとまた作戦立てます。



何か火曜辺りからアクセスが一気に増えていたのですが
どこかにリンク貼られたのでしょうか?
もうちょっと集めたデータまとめて公開したほうがいいのかな?
需要あればがんばります。


決済
AUD/JPY 買決済 79.845 +768.8pips


残りポジション 建値
USD/JPY 売 83.156
USD/JPY 売 83.984

EUR/JPY 売 109.439 半玉

GBP/JPY 売 131.672

AUD/JPY 売 88.128

EUR/AUD 買 1.24670



にほんブログ村 為替ブログへ
↑ポチッと投票していただくとモチベーションアップします。(^-^)

2012-05-08(Tue)

ドル円重症

為替ブログランキング

ドル円は重症すぎる。
戻りを売ろうと思っても、80円すら維持できずに落ちてくる。
これはもうダメだろうね。


0508oan.png

買いポジがあきらかにしこっているし、ストップも相当溜まっている。
そしてそのストップがついたからといって大きく戻る展開でもない。
昨年までとおなじ、ずるずる下値を更新していく展開。繰り返し。


ユーロドルが落ちてきた。というか株価が調子悪いのでドル買いの展開となっており、ユーロも結果売られている。

ユーロ円を半分だけ決済。547.8pips獲得
残りはもう100円割れまで放置。まだこないと思うが。


後は豪ドル。特に株価の影響を受けやすいだけにこちらも、もうダメだろう。
こちらはあと一段安、80円を割れたら一つだけリカクしたい。


決済
EUR/JPY 買決済 103.740 +547.8pips


残りポジション 建値
USD/JPY 売 83.156
USD/JPY 売 83.984

EUR/JPY 売 109.439 半玉

GBP/JPY 売 131.672

AUD/JPY 売 87.533
AUD/JPY 売 88.128

EUR/AUD 買 1.24670

にほんブログ村 為替ブログへ
↑ポチッと投票していただくとモチベーションアップします。(^-^)

2012-05-07(Mon)

くりっく365のデータ公開終了。

朝からギリシャの総選挙とフランスの大統領選の結果を受けてユーロが大きく売られました。
前回の記事にも書きましたが、本当に何年も同じことをしています。こういう報道で大きく売られて落ち着くとまた戻しての繰り返し。終わらない流れなのでしょうか。


さて、対円はもクロス円を中心に下げています。為替以外でも株ではGREE▲23%安のストップ安で取引開始。 DeNAは▲20%安で同じくストップ安スタート。など堅調だった銘柄が崩れていますので、かなり怪しい雲行きになってきました。


週末アップできなかったポジションを少しアップします。


■IMM シカゴ先物市場 建て玉推移
http://www.forexwatcher.com/cmepos.htm
ヘッジファンドなどトレンドを作っている海外の大口の建て玉がわかります。
一度転換すると非常に大きな相場の波となります。全て対ドルです。


土曜の記事をご参照ください。


■くりっく365 為替売買動向
http://www.click365.jp/
左下の緑のボックスの「為替売買動向」をクリックするとエクセルが表示されます。
くりっく365は日本の個人の中・長期玉が集まる傾向があります。


為替売買動向 掲示終了のお知らせ
 
為替売買動向は、2012年5月7日のデータ更新(5月4日付取引分)をもって、ホームページ上での掲示を終了いたします。
宜しくご了承の程をお願いいたします。
 
東京金融取引所


ポジションのデータ公開が終了になるようです。
あれ?取引所は公開する義務があったような??気のせいだったかな。透明な市場はどこへ?
050736555.png

それでは、くりっくのアップはこれが最後ですね。
ドル円と豪ドル円の買い比率がずっと高く、これは変わらないです。
一応、長期的なくりっく365のポジション予想としては、ドル円は85円になっても中長期はリグってこない。
豪ドル円は本格的な利食いは88円から上なので、そこまで覚えておけばいいでしょう。ドル円はおそらく超円安時代がくることを見越した買いなので100円とかそれ以上にならないと本格的には減ってこないと思われます。
豪ドル円はスワップもあるのですが、前回88円付近で一気に利食いだしたのでその辺でしょうね。まだまだ高金利であることに変わりははないので70円台は買ってくると思われます。いずれ総崩れになると思いますが。。



■OANDA 未決済のポジションの比率
http://fxtrade.oanda.com/lang/ja/analysis/open-position-ratios
OANDAは主に海外のポジションが集まっていますので対ドルに信頼性があります。
※左メモリが買い、右メモリが売り


ポンドドルの売りが溜まってるくらいです。
ユーロドルは決済しておいて本当によかった。。
最後の撤退チャンスでした。
2012-05-05(Sat)

IMMは微減だが、本筋の投げはまだのよう


為替ブログランキング


IMMのドル円買いポジションは微減。

0505imm.png

こちらは今週火曜日の引けのときのデータなどで、あれから多少投げがでことを考慮しても4万枚程度の買いは残っていると思われる。そこから計算しても本筋の投げはまだ出ていないことになる。そうするとやはり下はまだ深いだろう。


個人的には、このまま戻りがないのも、自分のポジションが上手く構築できないので不本意だが、勝負は完全についている。ほんのひと月前までは円高の終了とか100円、120円がどうとか言っていたのが嘘のようだ。まぁそれもいつものこと。


永遠に終わらない欧州問題と根本は同じ。
ネガティブなニュースが出て売り込まれて、少しするとドイツ・フランスが助け舟をだしての繰り返し。ディーラーはそれの逆をつけばいいだけ。ただし、値がどこまで伸びるかなんてのは誰もわからないから資金管理が相場観よりも必要になる。


今回の対円上昇でも、ドル円やクロス円を売っていた人も多かったと思う。それでも売るのが早すぎたり、落ちたと思ったら少し上に戻ってしまったりで嫌になり、うまく利食えず、同値撤退や、微益で終わらせてしまったのではないだろうか。そうするとするすると落ちてきて今では80円を割れている。クロス円でも同様。大衆の裏をいつもいくのが相場。だが、そこを取れたときはやはり気持ちがいい。ツンデレ相場。


にほんブログ村 為替ブログへ
↑ポチッと投票していただくとモチベーションアップします。(^-^)
2012-05-04(Fri)

円買い、円買い、止まらないでしょ

為替ブログランキング

雇用統計後、やっと動いてくれました。
トレードしている以上、値が動いてくれないとはじまりません。


ユーロドルは短期のつもりだったが、週末ということで先ほどほぼ同値撤退。
いずれ上がる気がするが、一度撤退しておきます。


ドル円がまたさがってきたので、一つ利益確定。
こちらは275pipsの利益なので、そこそことれました。


決済
EUR/USD 売決済 1.31702 +0.6pips
USD/JPY 買決済 79.893 +275pips


残りポジション 建値
USD/JPY 売 83.156
USD/JPY 売 83.984

EUR/JPY 売 109.439

GBP/JPY 売 131.672

AUD/JPY 売 87.533
AUD/JPY 売 88.128

EUR/AUD 買 1.24670




後は豪ドルがかなり落ちてきているので、号ドル円が80円を割れたら一つ、利益確定したいです。


ユーロ豪ドルも育ってきて、500pips程利益がでてきました。
こういうデータ通りの取引になると楽なので助かります。


それではGWの週末、楽しくお過ごしくださいませ。


にほんブログ村 為替ブログへ
↑ポチッと投票していただくとモチベーションアップします。(^-^)
2012-05-02(Wed)

じっくりことこと

為替ブログランキング


ドル円は80円を割れた後、突っ込み売りが結構でたみたいですね。
それで結局安値から1円ほど反発。ただ上も売りがかなり待ち構えているので戻りは限定的かと。



0502gaikom.png


こちらは少し前のデータですが、80.55から上の売り物が目立ちます。
そして先ほどちょうど、そこが戻り高値となりました。データ通りですね。


ドル円はなんだかんだ、まだ下があると思ってます。
私のポジションはひき続き売りです。


変わりにユーロドルを買ってみました。
前回150pipsほどとれているので、今回はどうでしょうか。


0502oan.png


これは短期トレードなのでそんなに長く持たないです。



新規
EUR/USD 買 1.31696

残りポジション 建値
USD/JPY 売 82.643
USD/JPY 売 83.156
USD/JPY 売 83.984

EUR/JPY 売 109.439

GBP/JPY 売 131.672

AUD/JPY 売 87.533
AUD/JPY 売 88.128

EUR/AUD 買 1.24670

EUR/USD 買 1.31696


にほんブログ村 為替ブログへ
↑ポチッと投票していただくとモチベーションアップします。(^-^)

オリジナルポジショントレード
FXポジショントレードはディーラー時代にあみだした独自のトレードスタイルです。

市場参加者が持っている現在のポジションを収集し計算します。例えばドル円の買いを持っている人が多ければ多いほど売りたい人・売らなければいけない人が増えてきます。それは重しとなり将来的に下落することが予想されます。

それを利用し逆のポジションをとっていく手法です。ここ数年の円高時代にはドル円クロス円の買いが異常な程増えたのでひたすら売ってきました。最近はその逆の傾向に近づきつつあります。

データは国内外の個人・業者・銀行・取引所など様々なところから収集しています。

ご質問がありましたらコメント欄からお気軽にどうぞ。
プロフィール

サミー

Author:サミー
証券会社の元為替ディーラーです。カバー(お客さんの注文を市場に流す仕事)もプロップ(自己売買)もやっていました。成績はそこそこよかったのでは?

逆アクセスランキング
カテゴリ
サブランキングサイト

メイン口座

スプレッド最狭。売買の多いメイン通貨ペアはDMMで持っています。


金(Gold)は完全に天井をつけたと思っています。CFDやるならここですね。金はまだまだ高い位置にいるのでここからは完全に戻り売りしています。


マイナー通貨も狭いヒロセのLion FX。ドルスイスやユーロオージーはこちらで持っています。小林さんの情報提供がいいです。


JFXさんはヒロセさんとグループ会社でほぼ同じサービスです。もしもの時の為にこちらもあると安心です。


外為ファイネストさん


アヴァトレード・ジャパン株式会社 口座開設


志摩力男の実戦リアルトレード
Amazon


楽天
google
メールフォーム
何かありましたらこちらにどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク・相互リンク
当ブログはリンクフリーです。
注意事項
※当ブログは個人的な分析・見解によるものであり、特定の取引を推奨するものではありません。ここでの分析に基づいての取引の結果、損失を被ったとしても筆者は一切の責任を負いかねますので、投資は自己判断でお願いいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。