--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-03-31(Sat)

IMMの円売りは2007年以来のアマウントへ

為替ブログランキング

ヘッジファンドなど大口投資家が売買をしているシカゴ先物市場では円売りのポジションが今週急増しました。

昨年の震災後にドル円は一旦安値を更新し協調介入などを経て円高は終わったとみんなが思った場面があり、その際は売りポジションが60000枚手前までいったのですが、今回はそれを通り越して67622枚のネットショート(差引売り)となっています。過去に遡ってみるとここまで売りが増加したのは2007年来とのことです。


0331imm.png

今週ドル円は上昇するどころか何度か82.00円を割れて下値を試した展開でした。ドル円が買われているのに下がるとはどういう状態だったでしょうか。このIMMのポジションは先週火曜日時点のデータですので来週発表されるデータは今回のものより若干落ち着いていると思われますが、やはり買っているのに下がっている状態が気になります。

大きな理由のひとつに今週は株価が軟調だったことがあげられます。それでも大きく崩れたというほどでもないですし、ここに見えてこない誰かが売っていたわけですね。それが実需だったのか他の大口投機家、はたまた個人の利食いだったのかまたデータを収集してアップしたいと思います。

にほんブログ村 為替ブログへ
↑ポチッと投票していただくとモチベーションアップします。(^-^)
スポンサーサイト
2012-03-30(Fri)

豪ドル円の買い持ち比率が上昇している

為替ブログランキング

今週は円高、期末の東京仲値では円高が進みドル円も何度か82円を割れています。
それにつられてクロス円も下げているのですが、特に豪ドル円は今週じりじりとずっと下げ続けています。
こういう一気に売り込まれずにじりじりと下げる減少というのは、ある程度出来高をこなす、つまり下で買いたい人の注文もこなしている時におきやすい減少です。

みんなが買っているのに下がるということは、買い持ち比率が上昇し価格が下がっていくわけですから、買い方にとっては非常に苦しい状況になっています。いくつか売買比率をみてみましょう。

■くりっく
0330365.png

豪ドル円の買い持ちがかなり上昇しています。
ドル円よりも突出しているのがわかりますね。
これは危険信号です。ここで株式市場などで勢いよく値が崩れる事態などが起こったら売り込まれるでしょう。ただしそういうキッカケ待ちですので必ずしもすぐに起こるというわけではありません。

■OANDA
0330oan.png

黄色でかこった右の四角が上で買ってしまい、現在評価損になってしまっているプレーヤーの抱えているポジションです。今回円が勢いよく売られ、号ドル円も一気に上昇したのでこの流れに遅れまいと少し押したところで買ってしまったものと思われます。

左の四角をみてください。こちらはその買ってしまった人達の仕切りの注文と、新規にここで売りたい人達の注文です。これだけ売り注文があると、いくら相場が上昇気流にのってきてもさすがに全てをこなすだけだけの勢いというのは相当なものがないと突破できません。これがいわゆる

上値が重い

と言われる要因です。




本日は、期末です。海外でもクオーターの占めですから特殊玉がでることが予想されます。
日本時間夜中のロンドンFIXの時間も要注意です。変則的な動きに惑わされないように気をつけたいと思います。

にほんブログ村 為替ブログへ
↑ポチッと投票していただくとモチベーションアップします。(^-^)
2012-03-29(Thu)

少し決済しました

為替ブログランキング

円買いがじりじり続いています。
この辺りで少しずつ減らして上いったらまた売ろうと思います。

決済
USD/JPY 買 82.295
GBP/JPY 買 130.595
AUD/JPY 買 85.139

残りポジション
USD/JPY 売 80.500
USD/JPY 売 80.500
USD/JPY 売 81.000
USD/JPY 売 81.000
USD/JPY 売 81.281
USD/JPY 売 81.323
USD/JPY 売 81.836
USD/JPY 売 82.150
USD/JPY 売 82.347
USD/JPY 売 82.643
USD/JPY 売 83.156
USD/JPY 売 83.984

EUR/JPY 売 109.439
EUR/JPY 売 109.218

GBP/JPY 売 129.030
GBP/JPY 売 130.097
GBP/JPY 売 131.672

AUD/JPY 売 87.253
AUD/JPY 売 87.533
AUD/JPY 売 88.128

EUR/AUD 買 1.24670


クロス円を上でもう少し売りたかった。
個人的には今週はクロス円はもう少し上をやるかと思ったのですがユーロドルやポンドドルが伸びきれずドル円の下落がじりじりと続き全体的に円買いとなっています。まだ一気に下落というイメージは無くこの辺で揉むのではないかと思ったので減らしていますがこのまま落ちたら落ちたでドル円はいいのですがクロス円は売りポジションが物足りない感じです。

にほんブログ村 為替ブログへ
↑ポチッと投票していただくとモチベーションアップします。(^-^)
2012-03-29(Thu)

各社注文状況

為替ブログランキング

ここまで円買い、豪ドル売りが続いています。
少しこのふたつに関係のある注文状況をみてみたいと思います。

■FXWAVE
ドル円

84.75円 OPバリア観測
84.50円 売り・超えるとストップロス買い、OPバリア観測
84.25円 売り・超えるとストップロス買い、OPバリア観測
84.20円 売り
84.00円 売り厚め・超えるとストップロス買い
83.80円 売り
83.40円 売り

82.76円 3/29 1:51現在(高値83.23円 - 安値82.61円)

82.60円 買い
82.50-55円 断続的に買い厚め・割り込むとストップロス売り
82.40円 割り込むとストップロス売り
82.20-30円 断続的に買い・割り込むとストップロス売り
82.00円 買い厚め
81.80円 買い・割り込むとストップロス売り
81.50円 買い厚め・割り込むとストップロス売り
81.00円 買い厚め


82.50以下のストップ売りが目立ちます。
やはり83.00円から上は重たくここで買ってしまった動きも多いのでは。

豪ドルドル

1.0650ドル 売り厚め・超えるとストップロス買い
1.0640ドル 売り
1.0620ドル 売り  
1.0590-1.0600ドル 断続的に売り厚め
1.0560ドル 売り・超えるとストップロス買い
1.0540ドル 売り
1.0500ドル 売り厚め

1.0368ドル 3/29 3:01現在(高値1.0468ドル - 安値1.0356ドル)

1.0350ドル 買い厚め・割り込むとストップロス売り
1.0335ドル 買い厚め
1.0300ドル 買い厚め・割り込むとストップロス売り

先ほど1.0350のストップ売りはつけました。
この下はそこそこ買いがあるので1.0300が割れるかどうか注目です。

■ガイコム
ドル円
0329gaiko.png

82.50以下に若干ストップ売りが溜まっているのが目につきます。
買いもまばらですね。

豪ドル円

0329gaa.png

こちらは特にそこまで目立ったオーダーがありません。
ここまで早く動いてきたので指値でいれておくオーダーが間に合ってないのですね。
こういう速い展開になると成り行きなどでオーダーする人が増える傾向にあります。

【インターバンクマーケットオーダー状況】
【ドル円】
84.00円 売り
83.80円 売り
83.40円 売り:ストップロス買い
83.30円 ストップロス買い
83.20円 売り:ストップロス買い
83.00円 売り

82.85円(現在値)

82.60円 ストップロス売り
82.50円 ストップロス売り
82.30円 ストップロス売り
82.20円 ストップロス売り
82.10円 ストップロス売り
82.00円 ストップロス売り
81.90円 ストップロス売り

こちらのストップ売りが激しいですね。
こんなにストップばかりではないような。。市場全体では。


全体を見てみると、ドル円豪ドル円とともに、下方向へのリスクが高まっています。
ただしある程度買いもあることこはあるのですが、それは売りの利益確定の買い注文ではなくて新規の買い注文ですのでこのまま勢いよく下げた場合、さらにストップを誘発する可能性もあります。この所、レンジ内でもんでいる動きが続いていたのでどちらかに抜ける動きに期待したいところです。


にほんブログ村 為替ブログへ
↑ポチッと投票していただくとモチベーションアップします。(^-^)
2012-03-28(Wed)

AIJ社長の裏話

為替ブログランキング

AIJの一連の問題に関する記事が多く出ています。

国会招致でも

「最初からだますつもりは全くなかった」
「(損失を)取り戻せる自信はあった」

など、プロとしてというか人としてアホかと思うこと連発なのですが、少し面白い話を聞きました。

先日、お世話になっているメガファンド(運用額1000億円以上)のマネージャとお話させていただいた時に、この浅川社長のことをお聞きしました。普段からある程度交流があったらしく(もちろんこの方は事件とはなんら関係ありません)、浅川さんは国会では明らかに演じているね。というのも、こうなってしまった以上わかっていないフリをしないと微妙なことになってしまうみたいです。つまり裁判上有利になるように物を運ぼうとしているみたいですね。この浅川社長という人、もちろん営業の腕としては業界でも注目されていて日本の大手企業も大金を預けるくらいですから実力も人望もあったようです。もちろん偽りの営業としての腕ですが。。

とにかく、この業界がこういう事件のせいで規制がらめにあい縮小してしまわないことを祈ります。

にほんブログ村 為替ブログへ
↑ポチッと投票していただくとモチベーションアップします。(^-^)
2012-03-28(Wed)

週の半ばここまでのおさらい

為替ブログランキング

やはり豪ドルが弱いですね。ユーロやポンドにつられて上昇してもすぐに下がってきてしまいます。上値は限定的です。本日は水曜ですので週の半ばのポジションを見てみましょう。


■くりっく365 為替売買動向
http://www.click365.jp/
左下の緑のボックスの「為替売買動向」をクリックするとエクセルが表示されます。
くりっく365は日本の個人の中・長期玉が集まる傾向があります。


0328365.png

引き続き、ドル円と豪ドル円の買い比率が高く、ユーロ円とポンド円は中立でどちらにも動きやすい展開。


■OANDA 未決済のポジションの比率
http://fxtrade.oanda.com/lang/ja/analysis/open-position-ratios
OANDAは主に海外のポジションが集まっていますので対ドルに信頼性があります。
※左メモリが買い、右メモリが売り

03285oan.png

こちらはユーロドルとポンドドルの売り比率がやや高い状況。
ユーロ円とクロス円の下支えにもなっています。


■外為どっとコム ポジション比率情報
http://www.gaitame.com/market/buysell.html
「ポジション比率情報ダウンロード[XLS]」をクリックするとエクセルが表示されます。
国内でも上位の出来高をほこる外コムさんですので全体的に信頼性は高いです。


0328gaikom.png

こちらもやはりドル円、豪ドル円の買い比率が多い。




今週はここまで、基本レンジ内での動きが続いています。特に大きなニュースもなく株式もいったりきたり。そんな中である程度ポジションの解消の動きが出ており、クロス円が上昇。ただし豪ドル円は買い比率が多いことから上がってもすぐに売られやすい状態。さきほどから下げているのも納得がいきます。

ドル円は上にも下にも抜けられずに少し息切れ。次の展開待ちです。しばらくはこの辺で膠着するのでしょうか。


にほんブログ村 為替ブログへ
↑ポチッと投票していただくとモチベーションアップします。(^-^)

2012-03-27(Tue)

ユーロドルから見る全体の動き

為替ブログランキング

昨日はバーナンキ議長の発言を受けてドル売りの展開。溜まっていたドル買いのポジションがあぶりだされる形となりました。それを受けてユーロドルを中心に、ポンドドル、豪ドルドルも上昇。ドル円がほとんど動かないのでクロス円はこのドルストレート通貨につられて上昇しました。この辺はそのまま週末のレポート通りですね。豪ドルに関してはもう少し弱いと思いましたがそれ以上にドル売りの動きが強かったです。

ではその動いたユーロドルを見てみましょう

■OANDA
ユーロドル

0327eur.png

右側の四角、ユーロドルが上昇したものの、買っている動きは少なく逆に売っている人が多いのがわかります。
左側の四角、1.34ドル手前に買いのストップオーダーが溜まっています。

ポジション的には下で売ってしまった人が多く、下がりづらく上にストップが蓄積されている状態です。特にドル買いになるニュースがなければ1.34をつける動きになるかもしれません。ポンドドルも同様に上昇エネルギー蓄積。豪ドルドルは単体では下だが、この二つの大きな流れには逆らえなさそうです。クロス円はドル円が動かなければこの動きに追随ですね。

にほんブログ村 為替ブログへ
↑ポチッと投票していただくとモチベーションアップします。(^-^)

2012-03-26(Mon)

「もう100億円あれば巻き返せた」

為替ブログランキング

週明けの東京時間は多少円安が進んでいます。この所ドル円、クロス円は東京時間に買われて欧州・NY時間に売られるという展開が続いています。

タイトルの「もう100億円あれば巻き返せた」は先日、大損失を出したというか完全に詐欺なのですがその会社の社長が言った言葉です。

これはもう運用者として完全にアウトというか、ギャンブルにはまってしまった人のセリフですね。プロどころか初心者が絶対にやってはいけないことの一つに入っています。

「いつか『当たる』と思ってやっていた。もう100億円あれば、なんとか巻き返せたのに」

そりゃ、資金が無限にあればいつかあたります。でもあなたは他人様のお金を預かって運用している立場でしょって。私が危惧しているのはこれを見て世論がやはり投資は危ないという印象を持ってしまうことです。そうなるとまた規制が激しくなりこの業界、大きく言えば金融・経済界のパイがどんどん縮小していきます。そうなるとどうなるか。これまでもTOKYOから香港・シンガポールなどへアジアの金融の中心がどんどん移っていきました。今後はさらにその動きが加速すると思います。今は増税などの政策を議論していることですから一番直撃の富裕層はどんどん国外へ脱出していきます。

海外旅行などへ行くと日本の良さサービスのレベルの高さをしみじみと感じることが多いと思います。
少し話がそれましたが、なんとか政府にもがんばっていただきたいですね。

にほんブログ村 為替ブログへ
↑ポチッと投票していただくとモチベーションアップします。(^-^)


2012-03-25(Sun)

ポジションデータから見たまとめ

為替ブログランキング

0325sougou.png

ドルが-4ポイントと一番売られる可能性が高い結果となった。
買いは3ポイント同率で円とポンド。

つまり

ドル円が売られる可能性が7ポイント
ポンドドルが買われる可能性が7ポイント

となる。
それ以外にやはり豪ドルが弱く、スイスの買いも引き続きでるだろう。

通貨別には

ドル --- 先週ドルはドル円を中心に売られたが、さらに売られる可能性も高い。QE3も先延ばしされたが今後の展開に引き続き注目。
円 --- 「そろそろ下落に注意となった。」と先週予想したが見事にビンゴ。今週もドル円は高値を追い越すような動きは無くレンジ内か下を目指す動きになると思われる。一方ユーロ円やポンド円のクロス通貨は多少底堅いか。
ユーロ --- 短期的には一度上をやると思うがどこまでも行くような動きにはならなそう。基本レンジ内の動きとなるか。
豪ドル --- 比較的弱い動きが続いている。ユーロドルの上昇に合わせてどこまでついていけるかだが、上値は限定的だと思われる。
ポンド --- 今回3ポイントと一番上昇の力を溜めている。
スイス --- ユーロスイスの1.2000にSNBのバリアがあるのでみんな安心して買っている。故に買いポジションも溜まって上にも伸びきれない。
NZドル --- 豪ドル追随。人気通貨だがそもそも流動性が極端に低い。まだだが売り込まれたら早いだろう。
カナダ --- 商品・豪ドル追随。商品通貨
GOLD --- 株価がこれだけ回復しているのだから逃避先の金は売られる。先月までは誰もが買いと言っていた。1920ドルで天井はすでに打っているはず。
オイル --- イスラエル・イランの中東情勢次第。円安の弊害でガソリン価格が上昇している。さらに円安が進めばマスコミも手のひらを返して円安を攻撃するだろう。世の中そんなことの繰り返し。


それでは今週も一週間よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログへ
↑ポチッと投票していただくとモチベーションアップします。(^-^)

2012-03-25(Sun)

売買比率から見た今週の展望後半

為替ブログランキング

午前中にまとめた今週の戦略の後半を載せていきます。


■みんなのFX リアルタイム売買比率
http://min-fx.jp/market/bsratio/
3分間隔での更新は。リアルタイム性に優れています。

0325mina.png

ドル円、豪ドル円が買いが多いのは同じですが、ここで目立つのがユーロドルとポンドドルの売りが多いのに対し豪ドルドルの買い比率が以上に多いこと。本来ならこの三通貨ペアはあがったらともにあがるし、下がったら同じように下がる傾向がドルの関連上強いのですが、ここにきて豪ドルドルだけは別の動きになっている理由がよくわかります。


■マネーパートナーズ 売買比率
http://www.moneypartners.co.jp/market/ratio.html
マネパさんも公開していますし出来高も結構ありますのでチェックしています。
※左メモリが買い、右メモリが売り

0325monaypa.png

こちらも同じような比率ですね。NZドルも豪ドルと同じような動きをします。ただしNZは元々小国ですし一度の取引でポジションが裁けないときも多いです。私もたまにNZドルをやったりしますが、他の通貨ペアと比べてやはり値動きが軽いです。この軽いというのは中々伝わりにくいかもしれませんが元々出来高が少ないので突発的なニュースなどがあったときは、ポジションテーカーは一度に自分のポジションをクローズできないので予想以上に早い動きになったりします。ここからさらに急上昇というよりは急落の方が可能性は高いと思っています。

■FXCM 売買比率
http://www.fxcm.co.jp/market/ratio/index.php
FXCM世界全体のポジションと見ていいのではないでしょうか。
そう考えるとOANDAさんのように対円以外でのデータの信頼性も高まります。

0325cm.png

こちらはドル円の買いが多いですね。というかFXCMさんはちょっと見にくいですね。
もうちょっと改良していただいたほうがいいですね。せっかく世界規模でこれだけやられている企業なのですからもったいないです。

■DMM 売買比率 (iPhone)
https://tool.fx.dmm.com/iFX
こちらはiPhoneからです。

0325dmm.png

目立つのはやはりドル円の買いとユーロドルの売り、そして豪ドルドルの買い。
今週は各社同じようなポジション状況です。

■FX WAVE
こちらはオーダー情報サイトです。
右のバナーにあるJFXさんやLIONFXさんから口座開設するとこちらの情報が無料でみれます。
こちらはインターバンクの大口のオーダー、特にストップが見れるので役に立ちます。

ドル円

85.00円 売り・超えるとストップロス買い、OPバリア観測
84.75円 OPバリア観測
84.50円 売り・超えるとストップロス買い、OPバリア観測
84.25円 売り・超えるとストップロス買い、OPバリア観測
84.00円 売り厚め、超えるとストップロス買い
83.80円 売り
83.40円 売り
83.20円 売り
82.60円 売り

82.37円 3/24 1:19現在(高値82.95円 - 安値81.97円)

81.80円 買い・割り込むとストップロス売り
81.50円 買い厚め・割り込むとストップロス売り
81.00円 買い厚め

上は84.00円以上にストップ買い、下は81.80円以下に売り。
下の方が近いが買いがそこそこあり一気に崩れるような注文状況ではないか。

■GI24
こちらもオーダー情報サイトさんです。
DMMさんなどに口座開設すると無料で見られます。当ページの右上のバナーからどうぞ。
個人や銀行のオーダー状況もわかり上記のFX WAVEさんと比較しながら見るのが効果的です。

【ドル円】
83.50円 売り
83.40円 売り
83.30円 売り
83.20円 ストップロス買い
83.00円 売り

82.76円(現在値)

82.40円 買い
82.30円 買い
82.10円 ストップロス売り
82.00円 ストップロス売り
81.90円 ストップロス売り
81.80円 ストップロス売り
81.40円 ストップロス売り
81.10円 買い

下にかなりのストップ売りが溜まっていますね。
もちろんこれが全てではないですが、リスクが下方向に強いということです。


最後に総合データをまとめています。
マーケットオープンには間に合わせますので少々お待ちください。

にほんブログ村 為替ブログへ
↑ポチッと投票していただくとモチベーションアップします。(^-^)
2012-03-25(Sun)

週末売買比率データ集計

為替ブログランキング

週末となりましたので今週のポジションの変化を見ていきたいと思います。
売買比率やオーダー状況だけでもたくさんのサイトがあります。

■IMM 
IMMは昨日アップしたとおり、既にドル円の買いポジションが減っていました。
これが反転なのかただの押し目なのか今後に注目です。

■くりっく365 為替売買動向
http://www.click365.jp/
左下の緑のボックスの「為替売買動向」をクリックするとエクセルが表示されます。
くりっく365は日本の個人の中・長期玉が集まる傾向があります。

0325365.png

先週大きく下がったドル円と豪ドル円の買いポジションが増加。この二つの買いは少し飛びぬけているのがわかります。


■OANDA 未決済のポジションの比率
http://fxtrade.oanda.com/lang/ja/analysis/open-position-ratios
OANDAは主に海外のポジションが集まっていますので対ドルに信頼性があります。
※左メモリが買い、右メモリが売り

ユーロドルとポンドドルの売りが目立ちます。先週は一度売り込まれる場面もありましたが、結局は高値に戻ってきました。やはり一度せめてもドル買いのポジションが溜まっているのでドル売りの方向になっていまします。相場は人工的に一度は攻めることができてもこういう自然の流れには最終的には勝てません。介入も同じですね。

■OANDA 通貨ペア別 外国為替注文書
http://fxtrade.oanda.com/lang/ja/analysis/forex-order-book#USD/JPY
OANDAは通貨別の詳細も見ることができます。
左の図がOANDAユーザの注文で右側が抱えているポジションです。

0325oannn.png

右の四角はユーロドルの未決済のポジションです。こちらは売ったものの、値があがってしまい現在評価損になっているものです。ポンドドルも同じ状況です。買い戻したくてもできない状態ですね。

0325oandy.png

続いてドル円は逆に買いで苦しんでいる人が多いのが分かります。
今回の上昇で勢いを感じ待ちきれずに買ってしまったものだと思われます。
具体的には82.50-84.00にかけて大きく買われています。
ここを再度上昇するにはこれらの反対売買の売りをこなしていかないといけないので
相当大口の買いを誘わないといけません。それには株価がさらに上昇することが前提となってくるのでしょうが今週はどうでしょうか。

ユーロドルは売りがたまり、ドル円は買いが溜まっている、共通しているのはドルが買われていたということです。そうするとドルを売らなければいけないポジションが出てくることが予想されます。

■外為どっとコム ポジション比率情報
http://www.gaitame.com/market/buysell.html
「ポジション比率情報ダウンロード[XLS]」をクリックするとエクセルが表示されます。
国内でも上位の出来高をほこる外コムさんですので全体的に信頼性は高いです。

0325gaikop.png

こちらもドル円と豪ドル円の買いが増えています。

■外為どっとコム 注文状況
http://www.gaitame.com/blog/nomura/
ポジションの売買比率ではなく損切りも含めた板のような注文状況が見れます。
見るには一定の条件が必要なので情報を公開している野村氏のブログを張っておきます。

こちらは休みの日の注文なので大きなオーダーもないのでまた取引がはじまったらアップしたいと思います。


続いて後半を集計中です。
後ほどアップ致します。

にほんブログ村 為替ブログへ
↑記事がお役に立ちましたら応援のポチをよろしくお願いします。モチベーションアップです。
為替ブログで10,600位から150位圏内に入ってきました。ありがとうございます!

2012-03-24(Sat)

IMMドル円既に減っていた

週末になりシカゴIMM投機筋の建て玉が公表されたので見てみましょう。

■IMM シカゴ先物市場 建て玉推移
http://www.forexwatcher.com/cmepos.htm
ヘッジファンドなどトレンドを作っている海外の大口の建て玉がわかります。
一度転換すると非常に大きな相場の波となります。全て対ドルです。

ドル円
0323imm.png

一週間前の42380枚から25821枚へかなり減少しています。
実質円売りへ反転してからまだ三週目でしたのでこれはかなり早いペースです。
ただしここへきてこれだけ減少したということはまだ押し目で買ってくる余裕もできたことになります。
今のところ高値が意識されているのは84.10-20のポイント。ここを抜けられるかどうかが全てです。
下は新規の買いが結構ならんでいます。82.00円以下。
毎回そうですが落ちる時はこういう買いもこなしていくのでダラダラ落ちていく展開になるかもしれません。
ここにきてドル円もある程度値幅がでてきてやりやすかたのですがまた動かなくなるというのはトレーダー的には止めて頂きたいところですね。

ユーロドル

0324imeur.png

こちらは毎週綺麗にユーロの売りポジションが減っています。その分ドルの買いポジションも減って新たにドルが売られています。ポンドドルや豪ドルドルでも同じような傾向です。

その他の市場や業者・銀行のポジションがどうなっているかはまたデータが揃い次第アップしていきたいと思います。

Have a great weekend!

にほんブログ村 為替ブログへ
↑記事がお役に立ちましたら応援のポチをよろしくお願いします。モチベーションアップです。
為替ブログで10,600位から150位圏内に入ってきました。ありがとうございます!
2012-03-23(Fri)

ここまでドル売り円買い DMMの売買比率

本日の東京時間から欧州序盤にはドル売りとなりユーロドルとポンドドルが今週高値圏まできました。やはりまだドル買いのポジションがしこっているようです。ただし豪ドルドルは非常に重く上げも限定的。こちらも買いが多いことが原因です。

ドル円はドル売りに押されやや下落、クロス円は上昇するもののやはりなんとなく元気が無い様子。

DMMの売買比率を見てみましょう。

0322dmm.png

買いが多いのがドル円、豪ドル円、そして豪ドルドルです。チャートをみてもそのままこれらの通貨ペアは伸びがないですね。逆に売りが目立つのがユーロドル、ポンドドル。本日はやはり上昇しています。特にこれといった決め手となる材料が無い中でちょっとしたきっかけでポジションの解消という動きが出やすくなります。

本日は週の終わり金曜日。すっきり終わりたいですね。
TGIF

にほんブログ村 為替ブログへ
↑記事がお役に立ちましたら応援のポチをよろしくお願いします。モチベーションアップです。
為替ブログで10,600位から150位圏内に入ってきました。ありがとうございます!

2012-03-23(Fri)

くりっく365の豪ドル円の買い持ちがかなり膨らんでいる

昨日の円買いによる下落でドル円、クロス円のポジションの変化をみてみたいと思います。

■くりっく365
0323365.png

ドル円は1万枚程の買い持ちの増加、ユーロ円、ポンド円は売り方の利食いが目立ち、それぞれ5000枚ほどの減少。このみっつはそれほど大きな変化は無かったのですが、一番大きかったのは豪ドル円です。

2012/03/19 55640
2012/03/20 80214
2012/03/21 88460
2012/03/22 114871

全営業日と比較すると26411枚の増加ですが、さらに週の初め3/19日と比較すると純買い持ちが2倍以上に膨らんでいることがわかります。豪ドル円は今86円前後ですからこの域でこの枚数というのは今まででもかなり多いほうです。総合の建て玉数量でもドル円を抜いてきました。

その他の対円はそこまで変化がないのですが、豪ドルに限っては注意が必要です。

にほんブログ村 為替ブログへ
↑記事がお役に立ちましたら応援のポチをよろしくお願いします。モチベーションアップです。
為替ブログで10,600位から150位圏内に入ってきました。ありがとうございます!

2012-03-22(Thu)

円買いフィーバー中

ストップを巻き込んでドル円、クロス円が下落しています。ひさしぶりの勢いある下落です。貿易黒字が大きかったことはきっかけにすぎずその前にやはり買い方が安心しきっていましたね。このままあがり続けると。おそらく今日のこの下落でも個人の買いがさらに膨らんでいるはず。IMMもこのくらいではまだきってこないでしょう。

さらに少し落としました。
戻ればまた売りますが


決済
USD/JPY 買 82.844
AUD/JPY 買 86.010

残りポジション
USD/JPY 売 80.306
USD/JPY 売 80.500
USD/JPY 売 80.500
USD/JPY 売 81.000
USD/JPY 売 81.000
USD/JPY 売 81.281
USD/JPY 売 81.323
USD/JPY 売 81.836
USD/JPY 売 82.150
USD/JPY 売 82.347
USD/JPY 売 82.643
USD/JPY 売 83.156
USD/JPY 売 83.984

EUR/JPY 売 109.439
EUR/JPY 売 109.218

GBP/JPY 売 127.142
GBP/JPY 売 129.030
GBP/JPY 売 130.097
GBP/JPY 売 131.672

AUD/JPY 売 86.724
AUD/JPY 売 87.253
AUD/JPY 売 87.533
AUD/JPY 売 88.128

EUR/AUD 買 1.24670


にほんブログ村 為替ブログへ
↑記事がお役に立ちましたら応援のポチをよろしくお願いします。モチベーションアップです。
為替ブログで10,600位から150位圏内に入ってきました。ありがとうございます!
2012-03-22(Thu)

円買い強い

今まで東京時間はドル円、クロス円ともに買われていたのに今日は弱いですね。昨日84.20を抜けなかったのが全てでしょう。上はやはり重い。83.00円を割れたら早そうですが一旦揉む可能性も高いので少しだけここで落としました。それにしても豪ドルが弱いですね。中国のPMIもありますが買われすぎの反動でしょう。買われれば売られるのが相場。どこまでもあがるなんてことはないです。後はすこしドルスイスかユーロスイスに手を出そうか考え中。また動いたらちょくちょくトレードしてアップしていきます。

決済
USD/JPY 買 83.276
AUD/JPY 買 86.595

残りポジション
USD/JPY 売 80.234
USD/JPY 売 80.306
USD/JPY 売 80.500
USD/JPY 売 80.500
USD/JPY 売 81.000
USD/JPY 売 81.000
USD/JPY 売 81.281
USD/JPY 売 81.323
USD/JPY 売 81.836
USD/JPY 売 82.150
USD/JPY 売 82.347
USD/JPY 売 82.643
USD/JPY 売 83.156
USD/JPY 売 83.984

EUR/JPY 売 109.439
EUR/JPY 売 109.218

GBP/JPY 売 127.142
GBP/JPY 売 129.030
GBP/JPY 売 130.097
GBP/JPY 売 131.672

AUD/JPY 売 86.724
AUD/JPY 売 86.600
AUD/JPY 売 87.253
AUD/JPY 売 87.533
AUD/JPY 売 88.128

EUR/AUD 買 1.24670


にほんブログ村 為替ブログへ
↑記事がお役に立ちましたら応援のポチをよろしくお願いします。モチベーションアップです。
為替ブログで10,600位から150位圏内に入ってきました。ありがとうございます!
2012-03-22(Thu)

円買いだけどまだレンジ内

昨夜は対円が下落、ドル円だけでなく年初来高値を更新していたユーロ円も大きく下げる展開となりました。だいたいニュースで高値がとりあげられると買い方は安心して、売り方は模擬的になり買いばかりになるのでこうなることも多いですね。ドル円はやはり84.20が固い。昨日欧州時間からかなり買っていたように見えましたがクロス円も重いところまできていてとまりました。それでもまだ83.00は割れていないので結局はレンジなのですがこれで一旦は流れが変わったかもしれないです。

少し気になったニュース。
野村HDがインサイダー取引に関与、国際帝石の増資で-関係者

野村ホールディングスが2010年の国際石油開発帝石の公募増資に絡んだインサイダー取引(金融商品取引法違反)に関与していたことが明らかになった。関係者によれば、増資の引き受け証券会社として知り得た情報を、インサイダー取引をした中央三井アセット信託銀行に漏らしたもようだ。

ここのところ、インサイダーの関連のニュースといえば毎回野村関係者というほどでてきます。リーマンの一部門を買収して勢いをつけたと思いきや、危ないという噂もききますしこれからどうなっていくんでしょうか。

にほんブログ村 為替ブログへ
↑記事がお役に立ちましたら応援のポチをよろしくお願いします。モチベーションアップです。
為替ブログで10,600位から150位圏内に入ってきました。ありがとうございます!
2012-03-21(Wed)

週半ばのデータ更新、ドル売り地合い

週の半ば水曜日となりましたので月曜日からのポジションの変化を見ていきたいと思います。

建て玉が片方に偏るということは、いつか必ず反対売買が出ますので反転の爆発力を蓄積させていることに繋がります。そこを狙って逆張りしていくのが私のオリジナルポジショントレードです。
ポジショントレードは資金と時間管理が非常に大切になってきます。
日々のデータを頭にいれておくことでも違いがわかってきますのでチェックしていきましょう。

売買比率やオーダー状況だけでもたくさんのサイトがあります。
幾つかサイトを抜粋してみます。

■くりっく365 為替売買動向
http://www.click365.jp/
左下の緑のボックスの「為替売買動向」をクリックするとエクセルが表示されます。
くりっく365は日本の個人の中・長期玉が集まる傾向があります。

0321365.png

ここまでドル円に大きなポジションの変化は無し。今週は揉んでいるだけですから当然といえば当然ですね。対照的に下落した豪ドル円の買い持ちが増加。57565から80214枚まで2万枚以上の増加です。IMMの豪ドルドルもかなりの買い志向ですので上はかなり限定的か。ただし下にさらなる買いも待ち構えています。

■OANDA 未決済のポジションの比率
http://fxtrade.oanda.com/lang/ja/analysis/open-position-ratios
OANDAは主に海外のポジションが集まっていますので対ドルに信頼性があります。
※左メモリが買い、右メモリが売り

無題

今週延びたのがユーロドルとポンドドル。週末レポート通りドル売りが進み、この二つは上昇。クロス円のユーロ円、ポンド円も年初来高値を超えてきました。データでもまだ売りが多いのでまだドル売りは進むか。

■外為どっとコム ポジション比率情報
http://www.gaitame.com/market/buysell.html
「ポジション比率情報ダウンロード[XLS]」をクリックするとエクセルが表示されます。
国内でも上位の出来高をほこる外コムさんですので全体的に信頼性は高いです。

0321gaiko.png

ドル円と豪ドル円の買い比率が高く、ユーロドルの売りが高いのは同じですね。
今週ドル円はレンジですが先ほどから高値を意識した買いが強まっています。今週は欧州時間に入ると何度かこういう展開が続いていますが市場のドル売りもあり今のとこは失敗。このレンジをどちらに抜けられるかが短期的なポイントとなりそうです。

■みんなのFX リアルタイム売買比率
http://min-fx.jp/market/bsratio/
3分間隔での更新は。リアルタイム性に優れています。

0321mina.png

ユーロ円は売り。高値を超えて来ているので新規の売りが強いと思います。
今週は落ちにくいかも。

■マネーパートナーズ 売買比率
http://www.moneypartners.co.jp/market/ratio.html
マネパさんも公開していますし出来高も結構ありますのでチェックしています。
※左メモリが買い、右メモリが売り

0321moneypa.png

ドル円と豪ドル円の買いポジションに関しては長期で仕込んでいる個人も多いので少しあがっただけではリグってこないですね。むしろここまであがってくると押し目買いが目立ちます。このまま勢いよく上昇すればいいですが、押し目買いがナンピンに変わって下落が続いたときは下がっているのに買いだらけになり余計下方圧力が増すことになります。昨年介入前などはこういう状態がずっと続いていました。要注意です。

■DMM 売買比率 (iPhone)
https://tool.fx.dmm.com/iFX
こちらはiPhoneからです。

0312dmm.png

スプレッドが狭いDMMさんは短期売買のポジションが多いです。スプレッドコストもチリも積もれば山となるのでこういうのはありがたいですね。DMMさんは右上のバナーから開設できますのでよろしければどうぞ。
全体的にあまり傾いていないです。むしろユーロ円の売りが目立ちますね。

■FX WAVE
こちらはオーダー情報サイトです。
右のバナーにあるJFXさんやLIONFXさんから口座開設するとこちらの情報が無料でみれます。
こちらはインターバンクの大口のオーダー、特にストップが見れるので役に立ちます。
ドル円 市場オーダー状況=18:24現在  

85.00円 OPバリア観測
84.75円 OPバリア観測
84.50円 超えるとストップロス買い、OPバリア観測
84.25円 超えるとストップロス買い、OPバリア観測
84.00円 超えるとストップロス買い
83.90円 売り

83.85円 3/21 18:24現在(高値83.92円 - 安値83.53円)

83.50円 OP21日NYカット
83.20円 買い
83.00円 買い厚め(アジア系ソブリン含む)、割り込むとストップロス売り
82.90円 割り込むとストップロス売り
82.80円 買い厚め(アジア系ソブリン含む)、割り込むとストップロス売り
82.60円 買い
82.50円 買い厚め
82.30円 買い
82.00-10円 断続的に買い厚め・割り込むとストップロス売り
81.90円 割り込むとストップロス売り
81.85円 買い
81.65円 買い

上にストップ買いが目立つようになってきました。ただしここに見えていない輸出の売りがどれほどあるのかこちらもチェックします。

■GI24
こちらもオーダー情報サイトさんです。
DMMさんなどに口座開設すると無料で見られます。当ページの右上のバナーからどうぞ。
個人や銀行のオーダー状況もわかり上記のFX WAVEさんと比較しながら見るのが効果的です。

【ドル円】
85.00円 売り
84.80円 売り
84.70円 売り
84.50円 ストップロス買い
84.40円 ストップロス買い
84.30円 売り
84.20円 売り
84.10円 売り
84.00円 売り
83.90円 ストップロス買い

83.63円(現在値)

83.35円 ストップロス売り
83.20円 買い:ストップロス売り
83.10円 買い
83.00円 買い
82.90円 ストップロス売り
82.80円 買い:ストップロス売り
82.60円 買い
82.20円 買い
81.90円 ストップロス売り

こちらはストップ買いもありますがストップ売りの方が目立ちます。

■まとめ
今週ここまでは週末レポートにあった通り基本的にはドル売りの展開。ユーロドルやポンドドルが大きく上昇しクロス円のユーロ円、ポンド円もそれに支えられ上昇しました。ドル売りは今週後半も強そうですが、気になるのがドル円です。このドル売り地合いの中比較的底堅く推移。ただし先週の高値を抜けられるでもなく方向感を無くしています。引き続き買い意欲が多そうですが高値を抜けられずにいると買い持ちの撤退もでてきますから注意です。上は84.20、下は83.00円を明確に抜けらるかがポイント。個人的にはドル円はいずれ落ちると思っていますが再度高値更新を狙ってくるかどうかですね。


にほんブログ村 為替ブログへ
↑記事がお役に立ちましたら応援のポチをよろしくお願いします。モチベーションアップです。
為替ブログで10,600位から150位圏内に入ってきました。ありがとうございます!
2012-03-21(Wed)

ユーロ、ポンドが強く、豪ドル最弱

昨日ユーロ円は上昇、1ユーロ=110円80銭台まで買われ、昨年10月31日以来、4か月半ぶりの円安・ユーロ高となりました。

欧州の財政・金融危機に対する不安が後退し、ユーロが買い戻されたとのことですが、ユーロ円を構成しているドル円とユーロドルに分けると、ドル円はレンジで揉んでいるだけ。ユーロドルは今週勢いよく上昇し高値圏での推移が続いています。ここまでドル売りの勢いが強いです。たまにドル買いとなりユーロドルが一時売られる場面があってもすぐに値を戻していますね。ポンドドル、ポンド円も強いです。この辺は週末レポート通り。

一方、今週の最弱通貨が豪ドルです。ファンダメンタル的にも大きく売られる要因はないのですが、一番はやはりなんといっても買いのポジションが多すぎるからです。IMMの豪ドル買いもかなりの水準ですし個人の買いも以前にも増して強気です。そうなるとやはり利益確定や損切りの売りが次から次へと湧いてきますので下方圧力となります。

本日は水曜日ですので、各社のデータが揃い次第、週半ばの状況をまとめたいと思います。


にほんブログ村 為替ブログへ
↑記事がお役に立ちましたら応援のポチをよろしくお願いします。モチベーションアップです。
為替ブログで10,600位から130位圏内に入ってきました。ありがとうございます!

2012-03-20(Tue)

GSに続いてGoogleまでも

昨夜はドル売りが続き、ユーロドルやポンドドルが勢いよく上昇。今のとこ週末レポート通りの結果になっています。ただし今日の日本市場は祝日の為、ゆったりとした動きであまり期待できません。たまに仕掛けが入ったりするのですが株式先行なので今日に限ってはその可能性も低そうです。

先日、ゴールドマンサックスの元社員の内部告発の記事が話題になりましたが、今度はGoogleのようです。

Googleの現体制が絶望的?元幹部が語った辞職の理由

『Google Labs』も閉鎖

---
従業員が「20%の自由時間」を使い開発した
本業以外のプロジェクトを公開する場で、
同社のイノベーションの象徴のような存在だった

Google+をサポートしなければすべて離反とみなされた
---

Google Labsは閉鎖していたのですね。いつかドキュメンタリー番組で見たのですがgoogleの社員は20%の時間を自分の研究開発の時間にあてることができたようです。Google Labsが閉鎖ということは士気も下がりそうですね。そしてgoogle+もここまでパッとしない様子。facebookの独走状態ですからそこにgoogle+を社員に共用するのもクリエーティブな彼らにとったら不満になるのかもしれませんね。


また、逆に好調なのがアップル

米アップル、配当と自社株買い実施へ 今後3年で約450億ドル

---
7月から定例配当を開始し、四半期配当を2.65ドルとすると発表した。
 また最大100億ドルの自社株買いを行う方針を明らかにした。2013年度から着手し、3年をかけて実施する予定。
---

アップルはなんといってもその製品の利益率の高さに秘密があります。なんと利益率が50%とありえない数字がでているんですね。普通の小売業なら5-10%がくらいが利益ですからそれを考えたらなんともボッタクリというか羨ましいというか。そもそも既にアップルは何業なのかもよくわかりませんが。

いずれにしてもダウが史上最高値まであと7%と迫り、株価も600ドルを超えてきましたからここで自社株買いというのはかなりリスキーなことだと思います。下手したら最高値圏で買ってしまうことになります。今回の判断が正しかったのかどうか、分かるのは数年後ですね。

にほんブログ村 為替ブログへ
↑記事がお役に立ちましたら応援のポチをよろしくお願いします。モチベーションアップです。
為替ブログで10,600位から150位圏内に入ってきました。ありがとうございます!


2012-03-19(Mon)

相場はミサイルな動きとならず

朝方、ユーロ円が110円を超え、年初来高値を更新、この時間になってポンド円が高値を抜いてきました。豪ドル円は元気なし、ほぼユーロとポンドが強いのは先週のまとめ通りの動き。ドル円も朝から売り込まれ83円の防戦攻防があり多少戻したもののまだまだ重そうです。

ただしそれ以外はここまで大きな動きがないので少し材料待ち。

メディアは北朝鮮の弾道ミサイルが多いですね。
日本や韓国、中国だけでなく今度はグアム(米)、フィリピンまでも巻き込む展開になってきました。
今回は可能性は薄いですが有事になると一時的にドル買いになることも覚えておきたいです。

にほんブログ村 為替ブログへ
↑記事がお役に立ちましたら応援のポチをよろしくお願いします。モチベーションアップです。
為替ブログで10,600位から150位圏内に入ってきました。ありがとうございます!

2012-03-19(Mon)

最も都合の悪い時に天井を付ける

いつも読んでいるMarket Hackさんに面白い記事がありました。

ウォール街の格言に「相場は最も沢山の投資家にとって最も都合の悪い時に天井を付ける」というのがあります。

この格言に照らすと今はかなり天井に近い局面だという気がします。なぜならギリシャ問題の解決で多くの投資家は「ぐるっと見まわしてみて、懸念材料は見当たらないな」と感じているからです。



たしかにそうですね、今回の株式の上昇も誰もほとんどの人が予想してなかったかもしれません。
ただしここにきてギリシャのネガティブな報道が減ってきてダウを中心に株価が上昇しているのに誰もが疑問を持たなくなってきています。これはちょっと危ういですね。またこんな言葉もあります。

「強気相場は悲観の中に生まれ、懐疑の中で育ち、楽観の中で成熟し、幸福感の中で消えていく」

とは、強気相場は、皆が売りと思っている内に発生し、まだ強気相場とは言えないだろうと疑っている内に進み、トレンドが出てきたと皆が思ってきた時に相場に終局が近づいて、皆が買いだ買いだと大騒ぎする中で終わってしまうという意味です。

誰もが買いと言ったら売り、誰もが売っていたら買い。
常に大衆の一歩外に立って、客観的に相場を見たいです。

にほんブログ村 為替ブログへ
↑記事がお役に立ちましたら応援のポチをよろしくお願いします。モチベーションアップです。
為替ブログで10,600位から150位圏内に入ってきました。ありがとうございます!
2012-03-18(Sun)

今週の展望まとめ

全データ集計完了。
こうしてまとめてみるとやはりドル買いの動きが急激に進んでいる。
ドル買いというのはドル円の買いだけでなくユーロドルの売り、つまりユーロの売りドルの買いも同じことである。ポンドドル、豪ドルドルも然り。
そのドル買いポジションがどう反転の起爆剤となるかはきっかけを待つしかなさそうだが、膨らみの足音は着実に近づいている。

0318matome.png

ドルが-7ポイントと圧倒的に弱く出た。
強そうなのは円・ポンド・スイス、それぞれそこまで大きくはないが売られていただけに買戻しが起こる確率が高い。

■各通貨別
ドル --- ドルはドル買いが溜まっており、そろそろドル売りの爆発力が出始める頃、後はタイミング次第。QE3も先延ばしされたが今後の展開に引き続き注目。
円 --- IMM円売りがかなりの速度で膨らんでいる。大口のドル円の買いVS個人の利食いが個人まで買いになった。そろそろ下落に注意となった。
ユーロ --- 基本トレンドは下落だがドルが買われすぎたことでユーロの売り残りもたまり買い戻す動きが一旦出そう。
豪ドル --- ユーロドル、ポンドドルが大きく上昇したものの、豪ドルドルの上昇は限定的。ドル売りになれば上昇しそうだが上値は重い。
ポンド --- 今回3ポイントと一番上昇の力を溜めている。
スイス --- ユーロスイスの1.2000にSNBのバリアがあるのでみんな安心して買っている。故に買いポジションも溜まって上にも伸びきれない。
NZドル --- 豪ドル追随。人気通貨だがそもそも流動性が極端に低い。まだだが売り込まれたら早いだろう。
カナダ --- 商品・豪ドル追随。商品通貨
GOLD --- 株価がこれだけ回復しているのだから逃避先の金は売られる。先月までは誰もが買いと言っていた。1920ドルで天井はすでに打っているはず。
オイル --- イスラエル・イランの中東情勢次第。円安の弊害でガソリン価格が上昇している。さらに円安が進めばマスコミも手のひらを返して円安を攻撃するだろう。世の中そんなことの繰り返し。


ひとまずここまでドル円を買い上げてきた連中の次の一手に注目。IMMもそろそろ限界値に近いが前回高値84.20を抜ければ次は85円狙い。抜けなければ下は早そう。今回のポジションからはドル買いが一番集まっているのでどこかのきっかけでドルが大きく売られる局面の可能性が一番高いことが分かった。

今週もよろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログへ
↑記事がお役に立ちましたら応援のポチをよろしくお願いします。モチベーションアップです。
為替ブログで10,600位から150位圏内に入ってきました。ありがとうございます!
2012-03-18(Sun)

週末レポート後半

ポジション比率の後半を見てみたいと思います。
相場が売り買いどちらに偏っていてどれだけ反発のエネルギーが溜まっているか研究していきます。

■外為どっとコム ポジション比率情報
http://www.gaitame.com/market/buysell.html
「ポジション比率情報ダウンロード[XLS]」をクリックするとエクセルが表示されます。
国内でも上位の出来高をほこる外コムさんですので全体的に信頼性は高いです。

0318gaikom.png

ドル円は82%と極端に買いに偏っています。
先週は前半上げ、後半は高値圏でもんだので本来なら多少売りが出てもおかしくない域ですが、日本売りがこれだけメディアで騒がれていると今のうちに買っておこうということで買いが強くなっています。この場合、少し落ちても買いがまっていそうですがさらに落ちたらストップの売りが溜まっているので下落への重石となります。

■外為どっとコム 注文状況
http://www.gaitame.com/blog/nomura/
ポジションの売買比率ではなく損切りも含めた板のような注文状況が見れます。
見るには一定の条件が必要なので情報を公開している野村氏のブログを張っておきます。

0318gaga.png

こちらは休みの日の注文ですが、既にストップ売りが溜まっていることがわかります。

■みんなのFX リアルタイム売買比率
http://min-fx.jp/market/bsratio/
3分間隔での更新は。リアルタイム性に優れています。

0318minna.png

こちらはドル円の買いが75%、ただしユーロ円の売りが69%とやや高めですので、円自体はやや買われているくらいです。それでもドル円はユーロ円よりも出来高が多いので全体的には重くなっています。

■マネーパートナーズ 売買比率
http://www.moneypartners.co.jp/market/ratio.html
マネパさんも公開していますし出来高も結構ありますのでチェックしています。
※左メモリが買い、右メモリが売り

0318manepa.png

こちらは左のメモリが買いですが79%と高いですね。どこもドル円は買いです。
IMMも極端な買いですので、一旦上をつけると下は早くなる可能性が高いです。

■FXCM 売買比率
http://www.fxcm.co.jp/market/ratio/index.php
FXCM世界全体のポジションと見ていいのではないでしょうか。
そう考えるとOANDAさんのように対円以外でのデータの信頼性も高まります。

0318fxcm.png

ドル円の買いが高いのは同じですが、こちらはユーロドルの売りも目立ちます。
ユーロドルの売りが多いというとはドル買いが進んでおり、ドル売りのエネルギーを蓄えていることになります。ドルが売られるということはドル円の下落の力にもなります。ただユーロドルを分解したときにユーロは上昇するのでユーロ円などクロス円は底堅い可能性が高いです。円買いになれば話はまた変わってきます。

■DMM 売買比率 (iPhone)
https://tool.fx.dmm.com/iFX
こちらはiPhoneからです。

DMMも同じですね、ドル円の買いが多く、クロス円の売りが多い。
総合するとドル買いが強いことがわかります。

■FX WAVE
こちらはオーダー情報サイトです。
右のバナーにあるJFXさんやLIONFXさんから口座開設するとこちらの情報が無料でみれます。
こちらはインターバンクの大口のオーダー、特にストップが見れるので役に立ちます。
ドル円オーダー
85.00円 OPバリア観測
84.75円 OPバリア観測
84.50円 超えるとストップロス買い、OPバリア観測
84.25円 超えるとストップロス買い、OPバリア観測
83.75円 OP19日NYカット
83.50円 OP19日NYカット

83.42円 3/17 05:45現在(高値83.95円 - 安値83.18円)


83.00円 買い厚め・割り込むとストップロス売り、OP19日NYカット
82.80円 買い厚め
82.60円 買い
82.50円 買い厚め
82.30円 買い
82.00-10円 断続的に買い厚め・割り込むとストップロス売り
81.90円 割り込むとストップロス売り
81.85円 買い
81.65円 買い

上はオプションでガチガチですが、下もそこそこ買いが残っています。
オプションは一時的にはバリアとなって節になるのですが、筋は相手を殺しに来るので一時的にこういうのは突破されるかもしれません。この世界、他人の不幸は蜜の味ですので仕方ないですね。

■GI24
こちらもオーダー情報サイトさんです。
DMMさんなどに口座開設すると無料で見られます。当ページの右上のバナーからどうぞ。
個人や銀行のオーダー状況もわかり上記のFX WAVEさんと比較しながら見るのが効果的です。

【ドル円】
85.00円 売り
84.80円 売り
84.50円 ストップロス買い
84.40円 ストップロス買い
84.30円 ストップロス買い
84.25円 ストップロス買い
84.20円 売り
83.80円 売り

83.55円(現在値)

83.15円 ストップロス売り
83.10円 買い
83.00円 買い:ストップロス売り
82.90円 ストップロス売り
82.80円 ストップロス売り
82.70円 ストップロス売り
82.60円 買い
82.50円 買い
82.30円 買い
81.90円 ストップロス売り

こちらは上下にストップあり。ストップは相場の動きを早くしますのでこういう情報は頭にいれておきたいです。

全体的に、ドル買いのポジションが溜まっています。
一番気になるのがドル円が上昇しているにも関わらず買いの比率が上昇していることです。
焦って買いにきているポジションだとしたらこの先、かなりのネガティブな状況が予想されます。

これから総合ポイント表を作成し後ほどアップします。

にほんブログ村 為替ブログへ
↑記事がお役に立ちましたら応援のポチをよろしくお願いします。モチベーションアップです。
為替ブログで10,600位から150位圏内に入ってきました。ありがとうございます!

2012-03-18(Sun)

FX取引急増、2月27%増

日経新聞にFX取引急増の記事が出ていました。

FX取引急増、2月27%増 円安受け半年ぶり高水準

一部引用
外国為替証拠金(FX)取引が急増している。店頭でのFX取引を提供している各社が加盟する金融先物取引業協会によると、2月の取引高は前月比27%増の152兆円となり、政府・日銀の円売り介入などで相場が大きく変動した昨年8月以来の高水準となった。円高修正で為替相場が大きく変動したことを受け、個人の取引が活発化している。

0318fx.png

取引が増えて市場が活発になるということはいいことですね。
ドル円は昨年動かない時期が多かったので、そこにストレスを感じた方も多かったのではないでしょうか。変動幅ボラティリティがないということは流動性もなくトレーダー殺しです。そういう意味でも投機ポジションは市場の流動性に貢献しているといえますね。これがなかったら輸出入の売買玉はさばききれないですし。

にほんブログ村 為替ブログへ
↑記事がお役に立ちましたら応援のポチをよろしくお願いします。モチベーションアップです。
為替ブログで10,600位から150位圏内に入ってきました。ありがとうございます!
2012-03-17(Sat)

週末ポジションの整理

週末となりましたので今週のポジションの変化を見ていきたいと思います。
売買比率やオーダー状況だけでもたくさんのサイトがあります。

■IMM シカゴ先物市場 建て玉推移
IMMは先ほどアップしたとおりドル円の買いがかなりの速度で進行しています。
同じペースで増えているとすると統計上そろそろ限界点がみえてきそうです。

■くりっく365 為替売買動向
http://www.click365.jp/
左下の緑のボックスの「為替売買動向」をクリックするとエクセルが表示されます。
くりっく365は日本の個人の中・長期玉が集まる傾向があります。

0318365.png

くりっく365に集まっている個人のポジションは通常なら逆張りですのでドル円が上がっている時は売る傾向、つまり買い玉が減って売り玉が増えるはずなのですが、今週は増えています。
これはおそらくメディアでも散々円高の終わりや日経平均が1万円の大台を回復と騒がれていて焦って買いにきている玉だと思います。本来であれば83-84円まで上昇しているわけですから極端に減ってもいいのですがここにきて個人のドル円の意欲は旺盛です。その反対にクロス円は上昇していますのでこちらは通常通り売りが増えています。

■OANDA 未決済のポジションの比率
http://fxtrade.oanda.com/lang/ja/analysis/open-position-ratios
OANDAは主に海外のポジションが集まっていますので対ドルに信頼性があります。
※左メモリが買い、右メモリが売り

0318oanda.png

OANDAは海外の業者ですので対ドルを基本的にみます。ユーロドル、ポンドドルのショートが増加しています。金曜の欧州からNY時間にかけて勢いよく吹き上がりました。これはドル買いポジションが溜まっていてそれが限界点を越えたためです。以下、ユーロドルの詳細を見てみます。


■OANDA 通貨ペア別 外国為替注文書
http://fxtrade.oanda.com/lang/ja/analysis/forex-order-book#USD/JPY
OANDAは通貨別の詳細も見ることができます。
左の図がOANDAユーザの注文で右側が抱えているポジションです。

0318eurusd.png

ユーロドル
右側の黄色い丸、1.3000-1.3175にかけてショートのひかされているポジションが大きく溜まっています。これははやく戻ってきたら撤退したいと考えている玉なので買い意欲が旺盛で短期的には落ちづらい状態です。
左の図を見るとこちらは現在値より下がってきたら買いたい人が多数いることがよくわかります。これは上記の通り新規の買いではなく、右で売ってしまった人達の撤退玉です。

続いてドル円、
0318usdhpy.png

ドル円は右の黄色丸83.50-84.00にかけて買い玉が残っているのが目立ちます。くりっく365であったとおり高値掴みしてしまった玉かもしれません。ただし左の注文を見ると押し目買いの注文も多数残っています。買いそびれた人達の注文ですね。円安が本当に進行しているといるのなら早く買いたいと思っている状態です。総合するとドル円は上値は重くなったものの、まだ買い意欲も残っています。これがどれほど相場に影響するかですが、可能性としてはダラダラここで揉む場合と、下の買いもこなして下落、さらに上値が重くなり損切りがつく場合です。大きく上値が跳ねるのは少し考えにくいですIMM筋がまだ買ってくるなら可能性もないことはないです。ただし為替相場で一番影響を与えるユーロドルがドル買いでしこってしまっているのでそれが為替全体にドル売りとして波及する可能性の方が高いです。

そもそも為替は通貨ペアによって流動性が極端に違います。

0318pound.png

我々日本人からすると、ドル円やポンド円などが主要通貨ペアにとれてしまうかもしれませんが、世界的にはこちらの図にあるように対ドル通貨ペアが圧倒的です。(この図自体は一業者の建て玉のパーセンテージですが世界中の為替の出来高もだいたい同じような値です。)

ユーロドル 27.00%
豪ドルドル 11.44%
ドル円 8.87%
 ...
 ...
 ...
ポンド円 3.25%

ユーロドルが為替取引の1/4以上を占めていますね。つまりそれだけ相場に影響するということです。ポンド円にいたっては3.25%とほとんど影響力がありません。主軸通貨はドルですのでクロス通過はこのようになる傾向が強いです。後はマーケットをもっと大きく見ると株式、商品、債券なども為替(ドル)に大きく影響してきます。そちらの傾向ももらさずにチェックしていきたいです。

少しまとめが長くなっていますのでまた日曜のうちに後半を仕上げたいと思います。

にほんブログ村 為替ブログへ
↑記事がお役に立ちましたら応援のポチをよろしくお願いします。モチベーションアップです。
為替ブログで10,600位から150位圏内に入ってきました。ありがとうございます!

2012-03-17(Sat)

IMMドル円の買いは二倍へ

大口の機関投資家、つまりヘッジファンドのポジションが集まるIMMではデータを公表しています。
ドル円の変化をみてみましょう。

■IMM シカゴ先物市場 建て玉推移
http://www.forexwatcher.com/cmepos.htm
ヘッジファンドなどトレンドを作っている海外の大口の建て玉がわかります。
一度転換すると非常に大きな相場の波となります。全て対ドルです。

0317immmmm.png

円売りポジション、つまりドル円の買い建てが先週よりも2倍以上になっています。このデータは先週火曜引け時点のデータですので、その後高値をさらにつけたことからさらに上昇しているものと思われます。40000枚以上に買いが膨らんだのは昨年の4月以降ですから約一年ぶりです。前回は約一ヶ月であえなく撃沈、自らの重みに耐えられず最安値を再度更新することとなりました。今回は建て玉が反転してから三週目、来週が四週目ですので来週もしくは再来週くらいがこれまでのデータですと大きな境目になりそうです。

その他、ユーロドル、ポンドドル、豪ドルドル、NZドルドル、ドルスイス、ドルカナダには大きな変化無しです。

にほんブログ村 為替ブログへ
↑少しでも記事がお役に立ちましたら一日一膳の応援よろしくお願いします。モチベーションアップです。
blog開設して一ヶ月程、為替ブログ全体で10,600位から150位圏内に入ってきました。ありがとうございます!
2012-03-17(Sat)

株価が上がっている5つの理由

昨夜のNY後半は特に動かず。
クロス円は高値張り付きで典型的な金曜相場となりました。
これはショートでつかまっていた人達が下がるとすぐに買い戻すために起こる現象です。
特に金曜は週の最後ですので週末リスクを減らすために絶対にここでポジションを落とさなければいけない人達が多いんです。もちろんスキャルやデイトレも手仕舞いにきますから買い持ちはとっとと利食い。売り持ちだけ最後までひかされる運命になるわけです。そうやって苦しんでいた同僚を何人も見てきました。もちろん私もあります。みんな金曜日は早く家に帰りたいし特に外国人はファミリーサービスをしないとママに離婚されます。早く家に戻り週末のBBQの準備をしないといけないんですね。結構これはリアルな話です。

NAVERまとめにおもしろい記事をみつけました。
最近なぜ株価が上がっているの?5つの理由
私の見解と載せてみます。

■理由1:円安の進行
これは円安が進行しているから株価があがっているのではなく、株価があがっているから円安が進行している構図ですね。

■理由2:日銀の金融政策が変化
これはその通り。ただしこの政策が本当に効果を発揮するのかもう少し時間が必要です。

■理由3:ギリシャ危機の後退
表面上は後退していますが、実質はただの引き伸ばしにすぎないと思います。
かれこれこの問題は2-3年こんな調子です。

■理由4:アメリカ株の上昇
アメリカの経済指標もいいですしここまでは順調ですね。
これも本物かどうかQE3はどうなるのか確かめないといけません。

■理由5:世界的な資金余剰
リーマンショックからもずっと資金余剰が続いています。
これまではそれが安全資産とされるスイスフランやゴールドに資金が集まっていましたがどちらも
最近は売られていてその資金が株式へと向かっている構図です。

こういった記事も自分なりの解釈をすることで相場に対する見解も変わってきますから
どんどん自分の意見を持つといいと思います。

にほんブログ村 為替ブログへ
↑少しでも記事がお役に立ちましたら一日一膳の応援よろしくお願いします。モチベーションアップです。
blog開設して一ヶ月程、為替ブログ全体で10,600位から150位圏内に入ってきました。ありがとうございます!
2012-03-16(Fri)

夕方の記事通りなったのに。。

夕方にドル円の買いが多く、クロス円の売りが多いという情報をDMMの売買比率とセットでアップしていましたが。結果はまさにその通りドル円は下落、クロス円は吹き上がる結果となりました。なのに私は早々とポンド円と豪ドル円を売ってしまい。。まっそんなもんですね。いつでも天辺で売れないし大底で買えません。でも待つとこは待ちたいですね。

0316ddd.png

クロス円は吹き上がってストップ買いも結構ついたようです。これで軽くなり落ちやすくなったかもしれません。ドル円を中心に円を買い戻す動きもでていますのでこの変が上昇の限界では。
ただし引き続き売りクロス円のポジション溜まっていて、金曜ということもありジリジリ相場には要注意です。


にほんブログ村 為替ブログへ
↑少しでも記事がお役に立ちましたら一日一膳の応援よろしくお願いします。モチベーションアップです。
blog開設して一ヶ月程、為替ブログ全体で10,600位から150位圏内に入ってきました。ありがとうございます!

2012-03-16(Fri)

DMMの売買比率と追加売り

DMMの売買比率 iPhoneから

0316dmm.png

ドル円の買いは64%と他社とだいたい同じですが、クロス円の売りが予想以上に高いです。どれも60%以上。
現在、ドル円は昨日の高値を越えられずに揉んでいますが先ほどポンド円と豪ドル円は高値を抜いてきました。
これは対ドルのポンドドルと豪ドルドルが値を戻していることが影響しています。
DMMはスプレッドが狭く、短期売買をする方に人気があります。私も使っていますがやはり使いやすいですね。このページの右上のバナーから申し込めますのでよろしかったらどうぞ。

短期的には買いかもしれないが、ドル円があまりに重そうで、ちょっと円買いになってもおかしくないので少し売り増しました。

新規
GBP/JPY 売 131.672
AUD/JPY 売 88.128

残りポジション
USD/JPY 売 80.040
USD/JPY 売 80.234
USD/JPY 売 80.306
USD/JPY 売 80.500
USD/JPY 売 80.500
USD/JPY 売 81.000
USD/JPY 売 81.000
USD/JPY 売 81.281
USD/JPY 売 81.323
USD/JPY 売 81.836
USD/JPY 売 82.150
USD/JPY 売 82.347
USD/JPY 売 82.643
USD/JPY 売 83.156
USD/JPY 売 83.984

EUR/JPY 売 109.439
EUR/JPY 売 109.218

GBP/JPY 売 127.142
GBP/JPY 売 129.030
GBP/JPY 売 130.097
GBP/JPY 売 131.672

AUD/JPY 売 86.456
AUD/JPY 売 86.724
AUD/JPY 売 86.600
AUD/JPY 売 87.253
AUD/JPY 売 87.533
AUD/JPY 売 88.128

EUR/AUD 買 1.24670

にほんブログ村 為替ブログへ
↑少しでも記事がお役に立ちましたら一日一膳の応援よろしくお願いします。モチベーションアップです。
blog開設して一ヶ月程、為替ブログ全体で10,600位から150位圏内に入ってきました。ありがとうございます!

オリジナルポジショントレード
FXポジショントレードはディーラー時代にあみだした独自のトレードスタイルです。

市場参加者が持っている現在のポジションを収集し計算します。例えばドル円の買いを持っている人が多ければ多いほど売りたい人・売らなければいけない人が増えてきます。それは重しとなり将来的に下落することが予想されます。

それを利用し逆のポジションをとっていく手法です。ここ数年の円高時代にはドル円クロス円の買いが異常な程増えたのでひたすら売ってきました。最近はその逆の傾向に近づきつつあります。

データは国内外の個人・業者・銀行・取引所など様々なところから収集しています。

ご質問がありましたらコメント欄からお気軽にどうぞ。
プロフィール

サミー

Author:サミー
証券会社の元為替ディーラーです。カバー(お客さんの注文を市場に流す仕事)もプロップ(自己売買)もやっていました。成績はそこそこよかったのでは?

逆アクセスランキング
カテゴリ
サブランキングサイト

メイン口座





志摩力男の実戦リアルトレード
Amazon


メールフォーム
何かありましたらこちらにどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク・相互リンク
当ブログはリンクフリーです。
注意事項
※当ブログは個人的な分析・見解によるものであり、特定の取引を推奨するものではありません。ここでの分析に基づいての取引の結果、損失を被ったとしても筆者は一切の責任を負いかねますので、投資は自己判断でお願いいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。