--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-01-23(Wed)

調整だが開拓は無いレベル

やっと垂れてきたかなぁという印象。
前回の下落時には海外の売り筋がしかけていましたが、
それが90円高値で撤退。
今回の下落はむしろ、高値でしこった玉による自然的な下落の印象です。
こういうのは中々あがりづらいはずですが、最近の私がずれている可能性も
あるのでデータのみを分析してもらったほうがいいかもしれません。。


20130123.png


個人は、この下落で買いに走っているようです。
基本的に逆張りなので、ここからでも下がれば買ってきますね。
私はまだ売りもちですが、ここでは買いたくはないです。
ドル円ならできたら85円台。この辺からドテン予定です。


にほんブログ村 為替ブログへ
更新頻度が上がるボタン。
スポンサーサイト
2013-01-16(Wed)

週半ばの状況

ポジション貼っておきます。


20130113.png


前回からドル円の買いが膨らんでいます。
押し目買いで動いたようですが、完全に高値を掴まされて、
身動きがとれない状態になってしまったようです。
よって、しばらくドル円は90円を狙いにいくような動きはないと思います。


私は、その間うごきやすくするように、いったん決済できるものは決済。


決済買
ドル円*2
ユーロ円*1.5
ポンド円*1.5
豪ドル円*2
キウイ円*1
金*1

残り保有玉
USD/JPY 売 83.984 83.442
EUR/JPY 売 109.855
GBP/JPY 売 134.910
AUD/JPY 売 88.128 88.216
NZD/JPY 売 67.478 70.641
AUD/USD 売 1.05878
NZD/USD 売 0.83288
USD/CHF 買 0.92652
GOLD/USD 売 1692.2 1772.5


今回は、放っておいてしまったので痛手でしたが
また入りなおします。


にほんブログ村 為替ブログへ
更新頻度が上がるボタン。
2012-04-25(Wed)

実需はトレンドを作る

為替ブログランキング


週の半ば水曜日となりましたので月曜日からのポジションの変化を見ていきたいと思います。
対円は少し落ち着いてしまった模様。
市場の関心はドルなのでユーロドルがメインです。ポンドもオリンピックのご祝儀買いの実需も絡んだ模様。実需は強い。トレンドを作る。


■くりっく365 為替売買動向
http://www.click365.jp/
左下の緑のボックスの「為替売買動向」をクリックするとエクセルが表示されます。
くりっく365は日本の個人の中・長期玉が集まる傾向があります。


0425365.png


ドル円、豪ドル円の買いは相変わらず、だからも戻りはあっても高値を超えるようなトレンドまでにはなれない。一貫して戻り売り。ただユーロ円と、ポンド円は別。ショートが増えているのでユーロドルとポンドドルの上げに素直に戻っている。こちらは一度上抜けてからでないと売りたくはない。


■OANDA 未決済のポジションの比率
http://fxtrade.oanda.com/lang/ja/analysis/open-position-ratios
OANDAは主に海外のポジションが集まっていますので対ドルに信頼性があります。
※左メモリが買い、右メモリが売り


0425oan.png


一番気になるのはポンドドルのポジション。実に80%近くも売りに傾いている。
ユーロドルにも言えることだが、FOMC次第というところもあり、日中はそんなに動かないだろう。
FOMCでどういう政策がでるか、バーナンキ氏がどのような発言をするかはアナリストにまかせるにして、緩和発言なら一気に上を目指す爆発力を秘めている。逆ならもちろん下に行くが、撤退の買いオーダーがまっているので安値を更新するほどのものではないと思われる。
よってリスクは上だろう。


0425eurusd.png


■外為どっとコム ポジション比率情報
http://www.gaitame.com/market/buysell.html
「ポジション比率情報ダウンロード[XLS]」をクリックするとエクセルが表示されます。
国内でも上位の出来高をほこる外コムさんですので全体的に信頼性は高いです。


1.3100-1.3200にかけての売りが目立つ。撤退買いも多い、ポンドドルはさらにこの傾向が出ている。




また動きが出たら書き込みたいと思います。

■私の残りポジション
残りポジション 建値
USD/JPY 売 82.150
USD/JPY 売 82.347
USD/JPY 売 82.643
USD/JPY 売 83.156
USD/JPY 売 83.984

EUR/JPY 売 109.439

GBP/JPY 売 131.672

AUD/JPY 売 87.533
AUD/JPY 売 88.128

EUR/AUD 買 1.24670

EUR/USD 買 1.31270


にほんブログ村 為替ブログへ
↑ポチッと投票していただくとモチベーションアップします。(^-^)
2012-04-18(Wed)

週半ばまとめ

為替ブログランキング

週の半ば水曜日となりました。
少しデータをそろえたいと思います。


■外為どっとコム 注文状況
http://www.gaitame.com/blog/nomura/
ポジションの売買比率ではなく損切りも含めた板のような注文状況が見れます。
見るには一定の条件が必要なので情報を公開している野村氏のブログを張っておきます。


ユーロ円
0418gaiko.png

上方向へのストップ買いが少し目立ちます。
ここまで勢いよく落ちてきたので今週はそろそろ反発かもしれません。
ただし円がらみで反発というよりはユーロドルの上昇が主な要因だと思われます。

■みんなのFX リアルタイム売買比率
http://min-fx.jp/market/bsratio/
3分間隔での更新は。リアルタイム性に優れています。

0418mina.png

ドル円と豪ドル円の買い比率は約80%とほぼ重症です。
昨夜は多少反発していますが、前回高値を越すようなトレンドの上昇というのはないものと思われます。
ここから1円より上昇したら売り増したいですが、果たしてどうでしょうか。
今週、ドル円は一旦そこつけたかな?というようにも見えます。この辺りで狭く揉む可能性もありです。

■マネーパートナーズ 売買比率
http://www.moneypartners.co.jp/market/ratio.html
マネパさんも公開していますし出来高も結構ありますのでチェックしています。
※左メモリが買い、右メモリが売り


0418monepa.png

こちらも同じですね。


■FXCM 売買比率
http://www.fxcm.co.jp/market/ratio/index.php
FXCM世界全体のポジションと見ていいのではないでしょうか。
そう考えるとOANDAさんのように対円以外でのデータの信頼性も高まります。

0418cm.png

ユーロスイスは重体です。上にいったら自らの重みで叩かれ、下に行ったらお上の買いで割れずじまい。
当分うごけないのか。。

■DMM 売買比率 (iPhone)
https://tool.fx.dmm.com/iFX
こちらはiPhoneからです。
0418dmmm.png

短期ポジションは買いが目立つものの、そこまで傾いてはないです。
とするとやはり一旦は反発なのか。


■FX WAVE
こちらはオーダー情報サイトです。
右のバナーにあるJFXさんやLIONFXさんから口座開設するとこちらの情報が無料でみれます。
こちらはインターバンクの大口のオーダー、特にストップが見れるので役に立ちます。

ドル円
82.55円 売り
82.30円 売り
81.90-82.00円 断続的に売り厚め・超えるとストップロス買い
81.60円 売り
81.50円 売り厚め・超えるとストップロス買い
81.30円 売り
81.25円 売り厚め
81.20円 売り・超えるとストップロス買い
81.00円 売り短期筋
80.85円 売り

80.77円 4/18 2:13現在(高値80.81円 - 安値80.34円)

80.30円 買い厚め
80.20円 買い輸入・割り込むとストップロス売り
80.00-10円 断続的に買い厚め・割り込むとストップロス売り
79.90円 買い短期筋・割り込むとストップロス売り
79.80円 買い厚め
79.70円 買い厚め短期筋
79.50円 買い厚め・割り込むとストップロス売り
79.35円 買い

80.30以下は買いが厚く、ここを一気に崩していくのは難しいように思われる。
下げを見込んでいる軍勢が皆80円割れを言い出しているので、そうなるとやはり市場は素直ではないので割れないと思ったほうが無難かもしれない。少なくとも今週の話だが、一旦は落ち着いたのか。

■GI24
こちらもオーダー情報サイトさんです。
DMMさんなどに口座開設すると無料で見られます。当ページの右上のバナーからどうぞ。
個人や銀行のオーダー状況もわかり上記のFX WAVEさんと比較しながら見るのが効果的です。

【ドル円】
82.00円 売り
81.80円 ストップロス買い
81.50円 売り
81.20円 ストップロス買い
81.00円 売り
80.95円 ストップロス買い
80.70円 ストップロス買い

80.51円(現在値)

80.30円 買い
80.20円 買い
80.15円 買い
80.10円 買い
80.00円 買い
79.90円 買い:ストップロス売り
79.80円 買い
79.70円 買い:ストップロス売り
79.50円 ストップロス売り
79.30円 ストップロス売り
79.20円 ストップロス売り
79.10円 ストップロス売り
79.00円 ストップロス売り

ストップ売りは79.50、これはやはり遠い感じがします。
逆に上は近いので82円あたりまでの反発があると考えたほうが自然なのかもしれません。
個人的には残り売りポジションも少なくなってきたので82円付近での売り増しを狙っています。

■私の残りポジション

残りポジション 建値
USD/JPY 売 82.150
USD/JPY 売 82.347
USD/JPY 売 82.643
USD/JPY 売 83.156
USD/JPY 売 83.984

EUR/JPY 売 109.439

GBP/JPY 売 131.672

AUD/JPY 売 87.533
AUD/JPY 売 88.128

EUR/AUD 買 1.24670

にほんブログ村 為替ブログへ
↑ポチッと投票していただくとモチベーションアップします。(^-^)
2012-04-11(Wed)

ジリ下げの展開の原因

為替ブログランキング

週の半ば水曜日となりましたので月曜日からのポジションの変化を見ていきたいと思います。
今週はずっとじりじりと円高が続いています。普通下がれば上がるのになぜこういった相場になるのでしょうか。


建て玉が片方に偏るということは、いつか必ず反対売買が出ますので反転の爆発力を蓄積させていることに繋がります。そこを狙って逆張りしていくのが私のオリジナルポジショントレードです。
ポジショントレードは資金と時間管理が非常に大切になってきます。
日々のデータを頭にいれておくことでも違いがわかってきますのでチェックしていきましょう。


売買比率やオーダー状況だけでもたくさんのサイトがあります。
幾つかサイトを抜粋してみます。


■くりっく365 為替売買動向
http://www.click365.jp/
左下の緑のボックスの「為替売買動向」をクリックするとエクセルが表示されます。
くりっく365は日本の個人の中・長期玉が集まる傾向があります。


0411365.png

ドル円、豪ドル円を中心に買い比率が上昇しています。
さらにユーロ円、ポンド円でも買いが売りを上回っておりますので市場が強制的な売りしか沸いてこない状態になってしまっています。

■OANDA 未決済のポジションの比率
http://fxtrade.oanda.com/lang/ja/analysis/open-position-ratios
OANDAは主に海外のポジションが集まっていますので対ドルに信頼性があります。
※左メモリが買い、右メモリが売り


0411oan.png

豪ドルドルも最近元気がありません。その原因はやはり買いが多いからです。IMM投機筋も大きく買いに偏っていますのでここから株価が大きく上昇するなど豪ドルに関係の深い要素がポジティブにならないと上値は限定的かと。
あと、毎度お騒がせのユーロスイスは1.2000にスイス中銀のビットが入っているようですが、上には大量の撤退売りがまっており膠着状態になっています。どういった形でこの状態が崩されるのか見物です。


0411oanaud.png


こちらは豪ドル円のポジションオーダー状況です。
右側のポジション状況を見ると、83.00-88.50円までびっしりと買ってしまった人達が多いことがわかります。この人達がどうしたいのかというと左側のオーダーをみると一目瞭然です。同じく83.00-88.50までびっしりと売り注文が並んでいます。これは撤退売りですね。総合してみると損切りできずに同値撤退したいようです。これがじりじりとどこまで反発できずに上値を重くしている原因です。


豪ドル円保持者がここから助かるには、中国関連でポジティブなニュースが連発されるか、株式・商品がぐいぐい伸びていく状況しかなさそうです。ただこれはあくまで為替ではないほかの要因への一種の神頼みのようなものなので私はおすすめできません。88円はあまりにも遠すぎるか。


■外為どっとコム ポジション比率情報
http://www.gaitame.com/market/buysell.html
「ポジション比率情報ダウンロード[XLS]」をクリックするとエクセルが表示されます。
国内でも上位の出来高をほこる外コムさんですので全体的に信頼性は高いです。

0411gaim.png

対円の買いがどれも多いです。
これもドル円、クロス円の値を押し下げている原因ですね。




先週金曜日の雇用統計から、対円は下がりっぱなしですので、本来ならそろそろ反発してもいい時期になりました。ただし上値は限定的で戻り売り目線のディーラーも多いので前回高値を抜いていくような相場ではないと思います。私はある程度戻ったらやはり売り増していきたい。クロス円の売りポジションなどもさみしくなってきているので。

にほんブログ村 為替ブログへ
↑ポチッと投票していただくとモチベーションアップします。(^-^)


オリジナルポジショントレード
FXポジショントレードはディーラー時代にあみだした独自のトレードスタイルです。

市場参加者が持っている現在のポジションを収集し計算します。例えばドル円の買いを持っている人が多ければ多いほど売りたい人・売らなければいけない人が増えてきます。それは重しとなり将来的に下落することが予想されます。

それを利用し逆のポジションをとっていく手法です。ここ数年の円高時代にはドル円クロス円の買いが異常な程増えたのでひたすら売ってきました。最近はその逆の傾向に近づきつつあります。

データは国内外の個人・業者・銀行・取引所など様々なところから収集しています。

ご質問がありましたらコメント欄からお気軽にどうぞ。
プロフィール

サミー

Author:サミー
証券会社の元為替ディーラーです。カバー(お客さんの注文を市場に流す仕事)もプロップ(自己売買)もやっていました。成績はそこそこよかったのでは?

逆アクセスランキング
カテゴリ
サブランキングサイト

メイン口座





志摩力男の実戦リアルトレード
Amazon


メールフォーム
何かありましたらこちらにどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク・相互リンク
当ブログはリンクフリーです。
注意事項
※当ブログは個人的な分析・見解によるものであり、特定の取引を推奨するものではありません。ここでの分析に基づいての取引の結果、損失を被ったとしても筆者は一切の責任を負いかねますので、投資は自己判断でお願いいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。