--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-04-13(Sun)

仮説と検証の繰り返し

約二ヶ月ぶりの更新となってしまいました。
心配してコメントくださった方々ありがとうございます。
相場以外でも色々話がきていて、少し飛び回っておりました。
もちろんトレード自体は引き続き行っているので、ご安心ください。


さて前回持っていたユーロドルは結局方向感なしで、ポジションもショートには
逆向きのふりな状況なのでコストで撤退。その後も高値を超えるものの、
また戻ってきてとフラフラな状態が続いているので取引なしです。


ドル円は引き続き上に行ったら売り、下にきたら買い戻しての繰り返しで
今年は、これが一番効いている状態です。ただ前回までと比べると今回は
結構落差が急であり、下記のポジション各社の状況を見ても結構たまってきているので
少し期待して、ある程度のロットは長期用に確保しました。ドル円と豪ドル円です。
上に戻れば買い戻した分はまた売りで下でさらに買い戻します。ループ

ドル円は120円くらいになってもトータルで利益確保できる状態まで
きているので気持ち的には余裕があります。もちろんそんなに持ちませんが、
だいたい105-106円くらいで撤退です。
ユーロ円とポンド円は少し様子をみたいです。


では現在の各社のポジション状況です。


2014-04-13_113239.png


こうしてみるとドル円というよりは全体的にドル買いのポジションが溜まっているいます。
ドル円は買われていて、ユーロドルは非常に売られているポジションが多いです。
このようにドルストレートで考えると通貨ペアではなくて
ドルという1つの通貨がどのような状態なのかわかってきます。


ドル円は102円まででつかまされている人たちが非常に多いので、
例えば指標で上にはねたとしても、すぐに跳ね返ってきたりします。
これをチャートでみると上髭になっていたりするんですね。
ポジション・指標・チャートと全てみていればなぜ上がって、
一瞬で帰ってきたのか理由がよくわかるというわけです。


そうならない時はまた別の理由を考えます。
相場って深いですが、やはり結果には理由があるので、
そこをよく調べて仮説をたて検証していく、これしかないと思います。


春も楽しんでいきましょう。


にほんブログ村 為替ブログへ
更新頻度が上がるボタン。
スポンサーサイト
2013-01-04(Fri)

年始の相場としては珍しい

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。


相場の方は、ドル円が高値更新を何日も続けています。
ディップがないというのは、上値を追うには危険な状態ではあります。
ただ、本日4日は日本勢の取引開始日なので、昨夜のNYなどを見ていると
明らかに無理やりあげていたので、東京勢に高値を買わせるためのしかけでしょう。
一応東京時間は高値で終わっているので、買ったことは間違いないですね。


ただ相場全体を見ると、クロス円は高値は更新できずに停滞。
ドルストレートは軒並みドル買いになっています。
これは財政の崖問題などが一旦おちついでドル買いになった模様。
他通貨が売られドルが買われています。GOLDなんかみるとこの辺は
わかりやすいですね。ドルが買われて円が売られているので、
一番伸びるのはドル円となるわけです。


さて、問題はどこまで伸びるかですが、それは正直わかりません。
政府としては85-90円と明言してしまいましたが、それは明らかに失策。
相場というのはえてして、管理できるものではありません。
突き抜けるならそれこそ100円を目指しますし、具体的に
何もできないなら80円へ真っ逆さまです。


現状としては、皆が買い進んでここまできました。
もちろん筋の買いポジションは膨らんでいますが、
投げが出るまでは、解消はされません。
その信号がでるまでは個人的には大きな行動は控えるつもりです。
いずれにしても今年は円にも動いてもらいたい。
ここ数年じって動かなかったので数円動いただけでも
それなりの印象が残ります。


今回の年初の相場は珍しい現象であり、
個人的にもふにおちないところが多少あるのですが、
この歳になっても相場というのがつかめないのがまた面白いです。


それでは、本年も相場とともに歩んでいきましょう。


にほんブログ村 為替ブログへ
更新頻度が上がるボタン。
2012-04-27(Fri)

ど高値

為替ブログランキング

昨日のユーロドルの売りは、ほぼど高値で売り抜けることが出来た。
たまにはいいことあるもんです。


さて、日銀の追加緩和が話題になっていますが、正直なにもでないのではないだろうか。
白川さんたちは、円をジャブジャブに刷った後のハイパーインフレを異様に恐れている気がする。
もちろん歴史や学問的にはそうなることは正しいのだが、だからといって何もしないというのはまた違うと思うのだが、何もできないだろうね。彼らにとっては大きな失敗をしないことが一番重要だから。


相場は全部微妙な位置にいるので今は手出しをしていない、ドル円がもう少し下にきたら一部利食いだかったが、結局揉んでいるだけ。ユーロドルもあと一歩下押しがあったら買いたかったが届かず。


金曜ですし、無理せず様子見ておきます。


にほんブログ村 為替ブログへ
↑ポチッと投票していただくとモチベーションアップします。(^-^)

2012-04-26(Thu)

ユーロドル売り決済133.5ポイント獲得

よしよしっ!ユーロドル予想通り伸びてきた。


これは元々短期の予定だったので1.32605で一旦リカク。
133.5pipsの利益。


決済
EUR/USD 売決済 1.32605


残りポジション 建値
USD/JPY 売 82.150
USD/JPY 売 82.347
USD/JPY 売 82.643
USD/JPY 売 83.156
USD/JPY 売 83.984

EUR/JPY 売 109.439

GBP/JPY 売 131.672

AUD/JPY 売 87.533
AUD/JPY 売 88.128

EUR/AUD 買 1.24670


下に大きく突っ込んだらまたユーロドル買いたい。


にほんブログ村 為替ブログへ
↑ポチッと投票していただくとモチベーションアップします。(^-^)
2012-03-21(Wed)

ユーロ、ポンドが強く、豪ドル最弱

昨日ユーロ円は上昇、1ユーロ=110円80銭台まで買われ、昨年10月31日以来、4か月半ぶりの円安・ユーロ高となりました。

欧州の財政・金融危機に対する不安が後退し、ユーロが買い戻されたとのことですが、ユーロ円を構成しているドル円とユーロドルに分けると、ドル円はレンジで揉んでいるだけ。ユーロドルは今週勢いよく上昇し高値圏での推移が続いています。ここまでドル売りの勢いが強いです。たまにドル買いとなりユーロドルが一時売られる場面があってもすぐに値を戻していますね。ポンドドル、ポンド円も強いです。この辺は週末レポート通り。

一方、今週の最弱通貨が豪ドルです。ファンダメンタル的にも大きく売られる要因はないのですが、一番はやはりなんといっても買いのポジションが多すぎるからです。IMMの豪ドル買いもかなりの水準ですし個人の買いも以前にも増して強気です。そうなるとやはり利益確定や損切りの売りが次から次へと湧いてきますので下方圧力となります。

本日は水曜日ですので、各社のデータが揃い次第、週半ばの状況をまとめたいと思います。


にほんブログ村 為替ブログへ
↑記事がお役に立ちましたら応援のポチをよろしくお願いします。モチベーションアップです。
為替ブログで10,600位から130位圏内に入ってきました。ありがとうございます!

オリジナルポジショントレード
FXポジショントレードはディーラー時代にあみだした独自のトレードスタイルです。

市場参加者が持っている現在のポジションを収集し計算します。例えばドル円の買いを持っている人が多ければ多いほど売りたい人・売らなければいけない人が増えてきます。それは重しとなり将来的に下落することが予想されます。

それを利用し逆のポジションをとっていく手法です。ここ数年の円高時代にはドル円クロス円の買いが異常な程増えたのでひたすら売ってきました。最近はその逆の傾向に近づきつつあります。

データは国内外の個人・業者・銀行・取引所など様々なところから収集しています。

ご質問がありましたらコメント欄からお気軽にどうぞ。
プロフィール

サミー

Author:サミー
証券会社の元為替ディーラーです。カバー(お客さんの注文を市場に流す仕事)もプロップ(自己売買)もやっていました。成績はそこそこよかったのでは?

逆アクセスランキング
カテゴリ
サブランキングサイト

メイン口座





志摩力男の実戦リアルトレード
Amazon


メールフォーム
何かありましたらこちらにどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク・相互リンク
当ブログはリンクフリーです。
注意事項
※当ブログは個人的な分析・見解によるものであり、特定の取引を推奨するものではありません。ここでの分析に基づいての取引の結果、損失を被ったとしても筆者は一切の責任を負いかねますので、投資は自己判断でお願いいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。