--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016-08-01(Mon)

ユーロのポジション

久しぶりの更新です。
もうちょっと更新がんばりますね。

さて、ポジションですが一番気になるのはユーロドルです。
ドル円や他のクロス円と比較して今年のユーロは非常に方向感がないです。
上いったら売られるし、下行けば買われるレンジです。

ただ、ポジションを見ると、ショートが溜まってきました。
たいした下落も起きていないのにここまで溜まると何かのキッカケで
一気に上に行く可能性が強いです。

気をつけないといけないのはユーロが買われるのか、ドルが売られることで
ユーロドルが上昇するのかです。ユーロの経済指標を見ても比較的良いものが目につきますし、
米国指標は住宅と雇用以外はそんなによくありません。
さらにトランプ候補が大統領になりそうだとなると、彼はドル売りこそ米国の利益と
考えているのでユーロはあがるかもしれません。
今後そういう思考でユーロドルの相場を見るといいかもしれません。

OANDA
OANDA.png

未決済ポジションの左下のショートが捕まっていますね。
損切りがでるとしたらここがマグマ溜まりとなります。


IMM
IMM.png

昨年ほどではないですがこちらも結構溜まっています。
ただ昨年と違うのはショートが溜まっているにも関わらず対して価格が下落していない点ですね。
こうすると売り方は厳しいです。


さて、どうなるかまたちょくちょく記事を書いていきます。
スポンサーサイト
2015-05-17(Sun)

相場の潮、呼吸

ドル円は120円以上が重く、何度上に挑戦してもすぐに落とされてしまう。
だからといって下も118円台になると買いが入って下がりません。
レンジですね。ポジションはやはり120円より上の買い残りが目立ちます。
全員がドル円は上思考なのでやはり買いに偏っています。
でもなぜこれだけ買っているのに上がらないのか。
答えはそこにあると思います。

ユーロドルも大極は下なんでしょうが、やはり売り残りが多く、
ショートカバーが続いています。どこまで上がれるかは2015-05-17_100827.png
分かりませんが、
こちらも結局レンジでしょうか。

もっと大きな潮がこないと相場は動かないと思います。
そういう相場の呼吸を感じられるようになると面白いのですが、
それはいろんなデータを頭に入れて、
常に相場と隣り合わせでないと難しいですね。

では、最近のポジションもしっかり頭にいれておきましょう。



にほんブログ村 為替ブログへ
更新頻度が上がるボタン。

2015-01-04(Sun)

2015年の相場

新年明けましておめでとうございます。
今年もブログをお手柔らかに続けていきたいと思います。

年末年始の相場は意外と動きました。
ドル円は120円前後での攻防が依然と続いています。
買っているのは投機筋ですが、それでもおっかなびっくりで誰かが売り抜けると勢いよく崩れます。
これは短期的な買いポジションの増加時におこる傾向です。投機ポジションはいずれ解消しなければいけないので崩れるとはやいです。
それでも中長期的には誰もが上を見ているのですぐにだれかが買って値を戻します。結果120円をいったりきたりですが、その幅が大きくて早いです。これはきちんととりたいところです。今年も何度もこの場面がくるものと予想しています。最終的には株を含めて大筋は上なのでしょうがボラは今のとこ大きそうです。

ユーロ・ドルも1.2000を切れそうですし、ポンドドルもそれ以上に下落が続いています。オージードルも底なしです。ドルもやはり過度期にあるようです。そうするとドルと円のドル円は大きな動きが期待できます。オプションをやってもおもしろそうです。

2014-12-14_123314.png

おっかなびっくりで進んでいく相場となるでしょうが、想定内を広く持ちながらとっていこうと思います。
今年もまずは生き残ることを第一に次に儲けていきたいです。
よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログへ
更新頻度が上がるボタン。


2014-12-14(Sun)

年末相場

選挙後かと思っていた120円もそうそうにつけてしまいましたが、やはり勢いはなく総員買いの相場では長続きしないようです。選挙自体は結果もみえていますし大きな影響はないようにも思えます。
すでに12月も半ばで銀行のディーラーなどは売買を手控えてきますから、この時期やっているのは今年成績が悪くてクビがこわい人たちです。ただマーケット全体的に薄くなってきますので、レートが飛びやすく、簡単に1円2円動くことも出てくるかと思いますが、それはなにか大きなことがあったのではなく、薄い商いの年末相場特有の現象なのでつられないようにしたいです。

2014-12-14_123314.png

にほんブログ村 為替ブログへ
更新頻度が上がるボタン。
2014-10-19(Sun)

相場はいったん調整、ボラティリティは上昇したまま

先週までの相場下落で短期的なポジションは解消されたようです。

2014-10-19_101942.png

短期的なポジションが解消されたといっても、ここまで市場を持ってきた大きな玉はこの程度ではさばききれないので、それはまだ存在している状態です。ただ、今回の下落はここでいったん終わりと思っていて、来週あたりは調整となりそうです。ボラティリティは上昇したままですので、ひと月くらいは調整相場と見ています。

戦略としては、戻り相場用のポジションをとって、大きなレンジをとるのではなく、細かくとっていき回転を狙う。おそらく市場は恐怖が支配しているので急激な乱高下はある模様。その後の戻しがどっちなのか見極めること。そのような動きは新規のポジション取りではなく解消の動きなので、市場がどちらに傾いているのかすぐに分かります。第二弾がくるなら一ヶ月後くらいと見ているので年末までにどこまでやるかみものです。

↓※画像が崩れて見える場合はクリックして画像のみを表示するか、一度PCへ画像を保存してお読みください。

にほんブログ村 為替ブログへ
更新頻度が上がるボタン。
オリジナルポジショントレード
FXポジショントレードはディーラー時代にあみだした独自のトレードスタイルです。

市場参加者が持っている現在のポジションを収集し計算します。例えばドル円の買いを持っている人が多ければ多いほど売りたい人・売らなければいけない人が増えてきます。それは重しとなり将来的に下落することが予想されます。

それを利用し逆のポジションをとっていく手法です。ここ数年の円高時代にはドル円クロス円の買いが異常な程増えたのでひたすら売ってきました。最近はその逆の傾向に近づきつつあります。

データは国内外の個人・業者・銀行・取引所など様々なところから収集しています。

ご質問がありましたらコメント欄からお気軽にどうぞ。
プロフィール

サミー

Author:サミー
証券会社の元為替ディーラーです。カバー(お客さんの注文を市場に流す仕事)もプロップ(自己売買)もやっていました。成績はそこそこよかったのでは?

逆アクセスランキング
カテゴリ
サブランキングサイト

メイン口座





志摩力男の実戦リアルトレード
Amazon


メールフォーム
何かありましたらこちらにどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク・相互リンク
当ブログはリンクフリーです。
注意事項
※当ブログは個人的な分析・見解によるものであり、特定の取引を推奨するものではありません。ここでの分析に基づいての取引の結果、損失を被ったとしても筆者は一切の責任を負いかねますので、投資は自己判断でお願いいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。