--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-02-22(Sat)

レンジ相場

マーケットは今年に入ってから大きな動きはなく、ひたすら往来が続いている模様。
今までは株式市場が崩れれば、ドル円も追随していたが、その相関関係が崩れています。
本来その2つには大きな連動性はないのに、円安だから株が上がる下がるというのは、
少し間違った解釈だったように思います、メディア側もネタがないのでそう書く気持ちもわかりますが。


20140222.png


ドル円は夏くらいまではレンジと見ているので、短期でのショート入り継続。
あるとしたら今年後半の上値トライと見ていますが、先のことなんて誰にもわかりません。


ユーロドルは半分利確したショートを持っていますが、ポジション的には不利な模様。
高値超えキープならあっさり切ります。


にほんブログ村 為替ブログへ
更新頻度が上がるボタン。
スポンサーサイト
2012-12-28(Fri)

トレンド形成

円売りが続いています。
これはもう単なる反発ではなくトレンドになってしまっているので、
ちょっとやそっとのことでは反転は難しくなってきたように思えます。


もちろん相場ですので、いつかは逆に行くのですが、
今はまだその時ではないですね。
少し落ちる時があってもそれは押し目買いとみたほうが良さそうです。
私は売り持ちが多いですが、売りましはここから上はトレンドが変わらない
限りはしないと思います。本来なら全て切ってもいいのですが、
小玉ばかりなのでしばらくは放置です。
本筋の流れがくればまたその時対処します。


日系FX業者の知人にいくつか連絡をとってみました。
ノミ業者といわれるところはかなり利益がでているようです。
ノミ業者と顧客では利益相反の関係にありますから、
逆の顧客は損失がかなり出ているということですね。
個人は基本的に逆張り傾向が強いので、今は
筋VS個人の様子になっています。


来年あたまくらいに、今年はドル円が100円、120円だのという
ニュースが出だしたら逆指標になるのではないでしょうか。
今は多少辛いですが、リスク管理と資金管理をしながら様子見です。


いずれにしても、ずっと眠っていた円が動き出したのですから
相場としてはいいことです。このまま90円を目指しても
ブーメランで80円に戻ってもどちらでも対処できるように
していたいと思います。


にほんブログ村 為替ブログへ
更新頻度が上がるボタン。
2012-12-17(Mon)

Sell the Fact

前回の記事で書いたとおり、
自民党圧勝→月曜朝にストップをつけて一段高


と、ここまでは予想通りにきました。
寄り付きから少したって仲値の10時頃としては、
それからたれてきている状況です。


いつもの流れだとここから、sell the fact
で続落となるはずですが、どうでしょうか
株は1万円やりたそうですが。


今回の自民圧勝が予想以上だったことと、
年末要因、それと日銀会合が控えているので
外人がいつ投げるのか。投げがおきるとしたら
暴落がはじまる前の段階なので、あがっている
時にはありません。


IMMの数値を見ると先週も円売りが増加。
さすがにそろそろお腹いっぱいで、
買い進む余裕はなさそうですが、
まだ売る理由には達していません。
相場はいつも投げで形成されます。
少しプライスアクションとポジションを
観察してみます。


20121217.png

にほんブログ村 為替ブログへ
更新頻度が上がるボタン。
2012-12-08(Sat)

動いているようで大した値幅ではない

動いているようでたいして動いていません。
高値圏で硬直はしているが攻めても玉切れ、
だからといって落ちもせず選挙まではこんな状態でしょう。


キウイには少し驚いていますが、高すぎです。
タイミングを見て売りましたいですね。


いずれにせよ、値幅がない分にはなにもできないので、
あがってくれるのは歓迎です。
クリスマスが近づいてくると本当に閑散になってしまうので、
もう少し今年の最後の流れがほしいところです。


にほんブログ村 為替ブログへ
更新頻度が上がるボタン。

2012-11-26(Mon)

カブあがれ~

う~ん、対円が止まってしまいました。
だからといってやはり、最安値を更新するような急落もなさそう。


今年はこの辺りであとは揉む展開になるのでは。
個人的にはせっかくなら前回高値、ドル円は85円あたりを試して
もらいたいものですが、その元気はないのでしょうか。
出来高が年末にかけてさらに細ってくるので、
元気な人がいたらしかけてくるんですが、
今年はそんな気もしませんね。
政治の話題に便乗するも良し、それで動くんならありがたいです。


さて、相場全体のポジションを見渡してみたのですが、
対円を以外と売っている人が多いなというのが印象です。
いつもですとこの辺にきて総動員の買いがふくらんで、
急落、最安値更新というのがパターンなのですが、
買いも売りも結構拮抗しています。


やはり上も下も限定的そうなので、もう少しひき付けて
100-200ポイント抜きで今年は終わろうかなと考えています。
もう無理する時期でもないですし、税金のことを考えながら
トレードする時期です。邪念なんですが、
本当良く使ってもらいたいものです。


カブあがれ~って懐かしい、最近の若者は分からないかもしれませんが。
日経平均が2万円も3万円もしていた頃が懐かしいです。
いまは上がっているとはいえ1万円以下での話ですものね。

カブあがれ~



残り保有玉
USD/JPY 売 83.984 80.001 81.190
EUR/JPY 売 109.439 半玉
GBP/JPY 売 131.672 半玉
AUD/JPY 売 88.128 83.097 84.485
NZD//JPY 売 66.188
AUD/USD 売 1.05878
NZD/USD 売 0.83288
USD/CHF 買 0.92652
GOLD/USD 売 1628.0 1692.2 1772.5


もう少しひき付けて売り増すつもりです。対円は。



にほんブログ村 為替ブログへ
更新頻度が上がるボタン。
オリジナルポジショントレード
FXポジショントレードはディーラー時代にあみだした独自のトレードスタイルです。

市場参加者が持っている現在のポジションを収集し計算します。例えばドル円の買いを持っている人が多ければ多いほど売りたい人・売らなければいけない人が増えてきます。それは重しとなり将来的に下落することが予想されます。

それを利用し逆のポジションをとっていく手法です。ここ数年の円高時代にはドル円クロス円の買いが異常な程増えたのでひたすら売ってきました。最近はその逆の傾向に近づきつつあります。

データは国内外の個人・業者・銀行・取引所など様々なところから収集しています。

ご質問がありましたらコメント欄からお気軽にどうぞ。
プロフィール

サミー

Author:サミー
証券会社の元為替ディーラーです。カバー(お客さんの注文を市場に流す仕事)もプロップ(自己売買)もやっていました。成績はそこそこよかったのでは?

逆アクセスランキング
カテゴリ
サブランキングサイト

メイン口座





志摩力男の実戦リアルトレード
Amazon


メールフォーム
何かありましたらこちらにどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク・相互リンク
当ブログはリンクフリーです。
注意事項
※当ブログは個人的な分析・見解によるものであり、特定の取引を推奨するものではありません。ここでの分析に基づいての取引の結果、損失を被ったとしても筆者は一切の責任を負いかねますので、投資は自己判断でお願いいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。