--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017-12-02(Sat)

ユーロが想定以上に回復はやく

ユーロが想定以上に回復はやくまだやらないつもりでしたが、すこしずつ買っています。

プロ市場のIMMではロング優勢
2017-12-02_224121.png

カモにされやすい個人市場ではユーロのロングがつかまってロスカットが出ています
2017-12-02_224307.png

一度私もだまされたようにチャートも売りの形になったのがきいて、ロスカット頻発し上昇トレンドが再度できているようです。
少しはやいですが来年にむけて押し目買いでいきます。上値を買うというよりは長い目で下がることもあるので押し目買いです。
スポンサーサイト
2017-10-30(Mon)

ユーロはほぼ決済

ユーロドルのロングはほぼ決済しています。
今年の高値奪還はおそらくなくなったでしょう。

ECBのテーパリング規模は今回いまいちでしたが、欧州の経済指標はどれもよく
いずれまたユーロ高の相場が到来すると思います。

ただテクニカルで見た場合、今回のユーロの上げは一旦終わっているので
今年の勢いある相場は終了したという観測です。

また時期がきたらユーロロングを仕込みたいと思います。
2017-08-22(Tue)

ユーロが良い感じです

前回の記事で1.06台で仕込んだユーロが1200pips程上昇してきました。
ほとんど下げなかったので途中で買い増して平均では1.10程になってしまいましたが結構な利益です。
ある程度あがったら売って、下がったら買ってを今年は繰り返したいと思います。
1.10を抜けて極端に下げるような大きな下げは想定していません。
2017-03-11(Sat)

ユーロドルを仕込む

ユーロドルをロングで仕込みました。

現在のマーケットポジションはショートに偏っています。

2017-03-11_213132.png



2017-03-11_213150.png


その中で昨日、一部報道でECBがユーロの利上げを考えているというニュースがでました。まだECBの正式アナウンスではないですし、ECBはおそらく否定して下げることも出てくるかと思いますが、流れが変わるならここかと思います。
まずこういうニュースが出ると積極的にロングにいくというよりも、まずはショートを解消しようという動きがでるからです。

下げたら買い増し、上に一気にいくようでもどこかで追加していかなければいけません。
ただ今年はオランダの選挙からフランスの選挙までまだまだ時間もあるので焦らずやっていきたいです。
2016-11-15(Tue)

大統領選

さすがに基軸通貨米ルの国のアメリカの大統領選ともなるとポジションがどうとかは吹き飛ばしてしまいます。

我々が普段目にできる市場のポジションなんかより遥かに大きい額が動くためです。

今回は米ドルがものすごい勢いでかわれています。米債も売られているので金利上昇→米ドル買いという構図です。
しばらく収まるまではポジションを軽くしています。
私のユーロドルショートも軽く、1.07を明確に割れるようでは一度完全撤退します。
嵐が過ぎ去りダメージを最小限におさえるためです。
オリジナルポジショントレード
FXポジショントレードはディーラー時代にあみだした独自のトレードスタイルです。

市場参加者が持っている現在のポジションを収集し計算します。例えばドル円の買いを持っている人が多ければ多いほど売りたい人・売らなければいけない人が増えてきます。それは重しとなり将来的に下落することが予想されます。

それを利用し逆のポジションをとっていく手法です。ここ数年の円高時代にはドル円クロス円の買いが異常な程増えたのでひたすら売ってきました。最近はその逆の傾向に近づきつつあります。

データは国内外の個人・業者・銀行・取引所など様々なところから収集しています。

ご質問がありましたらコメント欄からお気軽にどうぞ。
プロフィール

サミー

Author:サミー
証券会社の元為替ディーラーです。カバー(お客さんの注文を市場に流す仕事)もプロップ(自己売買)もやっていました。成績はそこそこよかったのでは?

逆アクセスランキング
カテゴリ
サブランキングサイト

メイン口座





志摩力男の実戦リアルトレード

Amazon


メールフォーム
何かありましたらこちらにどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク・相互リンク
当ブログはリンクフリーです。
注意事項
※当ブログは個人的な分析・見解によるものであり、特定の取引を推奨するものではありません。ここでの分析に基づいての取引の結果、損失を被ったとしても筆者は一切の責任を負いかねますので、投資は自己判断でお願いいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。